譜面の落書き
トップへブギーポップ悪夢の檻
注意 注意 注意
下記のSSには幼い少女への暴力、並びに陵辱シーンがあります。苦手な方は今すぐブラウザバックをお願い致します。多分耐えられる、という方は下へどうぞ。























ライン


 1日目

 今日わたしは売られた。
さいごのお別れのとき、わたしを見てくれなかったパパとママ。やっぱりさみしいし、つらい。でも、これでふたりとも元気にくらしていける……よね?

 わたしをかいにきたひとは、兵隊さんみたいなかっこうをしている。つれていかれたところは、すごい山奥のおおきな建物だった。
建物につくとローブをわたされてきがえる。そしていろんな検査をうけた。
 身長、体重、体にへんな機械をつけたり、注射でちをぬかれたり、とにかくたくさん。
 ぜんぶおわるとごはんがでた。おうちで食べてたのとは、ぜんぜんちがう。おなかいっぱい食べると最後に3つぶのくすりをもらった。
ごはんのあとかならずのみなさい、だって。

 それからおふろにはいって、きめられた部屋にはいる。おなじ部屋のこはユーリ。赤毛のとってもキュートなこで、すぐにともだちになった。
 どきどきして眠れないかも、と思ったけど、ひさしぶりのあったかいおふとんで 気づいたらぐっすりだった。




 17日目

 07:00 起床 最初の診察 そのあと 朝食と投薬
 09:00 講義 1コマ90分を2時限 授業内容はおもに語学
 13:00 昼食 投薬
 14:00 講義 2.5+0.5時限 0.5は運動
 19:00 風呂 そのあと 夕食と投薬
 21:00 診察 
 23:00 消灯

 こんなよていで1日がおわる。講義の部屋ではいろんな国の本がずらりとならんでいて、すごい。早くよめるようになりたいな。
運動ではユーリが、すっごく足がはやくておどろいた。ちょっとうらやましい。

 あと、気になること。
どうしてなんども点滴や薬をのんだり、診察をうけさせられるんだろう。わたしはべつに病気でもないのに。なんとなく、いやだ。




 38日目

朝の診察のあと、急にさわがしくなった。

 検査でBマイナスがでた、とかでわたしは奥の研究室へつれていかれる。また青いローブをきせられて、からだじゅう機械のコードではさまれた。
いつものとはちがう、銀のラインがはいった点滴がうでにささる。先生たちがなにかすごくうれしそうに笑ってるのを見て――わたしは意識をなくした。

 気がつくと消灯時間もすぎた夜だった。
ずっとねてたせいか、背中とうでが痛い。それにおなかすいたな……。先生をよぶと朝まではだめ、といわれた。

 痛いし、さみしいし、おなかへった。
となりにユーリがいないだけで、泣きたくなった。




 143日目

 最近よくわからない診察や治療をうけることが多い。
その場合朝の診察からずっと研究室に入ったままで、翌日になっても続くことがある。腕は針と治療のあとでひふが固くなってるし、大きなアザがいくつかついてる。

 お風呂のとき気にしてたら、ユーリがなぐさめてくれた。
「キト、あんたはお人形みたいな肌につやっつやの髪なんだから、それくらいどってことないわ。私なんかくせっ毛に、これ見て。ホントすり傷だらけでこまっちゃう」ですって!
ユーリのふわふわな髪は元気いっぱいですてきなのに。

 寝るまえの自由時間のとき、ユーリから金色のヘアバンドをかりた。
「すごい、お姫様みたい!」
なんていわれたけど、この明るい色はユーリにこそにあうものだと思う。

 でも、ありがとう。おかげでちょっと元気がでたよ。




 371日目

 講義で習う物語がとっても面白い。中でも英語のテキスト「シャーロック=ホームズ」と、中国語の「三国志」がとびっきり。
「ワトソン君、君ならどう思うね?」なんてユーリとよく言い合ってる。

 そんなワトソン君と運動の授業の時、建物の囲いにハトがぶつかって焦げた。今までも鳥とかよく落ちてたけど、瞬間を見たのは初めてだった。
 バチッと青い火花が散り、墜ちていくハト。
ハトは真っ黒な消炭になって、辺りにものすごい臭いを発していた。

 建物を囲む高圧バリア、兵士の護衛、繰り返される投薬と治療。何かがおかしい。どうしてこんなに内外を警戒してるの。一体、何をしてるの。

 ねぇワトソン君、君ならどう思う……?




 597日目

 ユーリが、死んだ。
昨日まであんなに元気だったのに。夜に話した彼女の言葉を思い出す。

「ねぇキト、ここは変な所で私達は売られて来たんだけど……それでもラッキーだと思うわ。だってあんたと友達になれたんだもの」

 照れたように横を向く彼女に、私は力一杯抱き付いた。
私も、あなたのことが大好きだよ。あなたがいたから、辛い診察も何とか耐えられた。

 明け方近く、いきなり苦しみ出したユーリ。
痙攣する身体は抑えても治まらなくて、私は半狂乱で先生を呼んだ。慌ただしく運ばれるユーリ。
 そして朝の診察で、簡単に告げられた言葉は。

 私はそのまま精密検査に入り、意識を戻した頃には全て終わっていた。私の部屋は別の所になり、ユーリの持ち物は消毒処分された。
 遺されたのは、想い出とヘアバンドだけ。

 どうして、ユーリ。
切った指先を舐めてくれた事が、頭を過ぎる。まさか、気のせいだよ……ね。




 711日目

 もう、嫌だ。
死にたい。
誰か、助けて。




 713日目

 少しだけ落ち着いた。
意識を放棄して、狂ってしまえれば良かったのに。

 あの日、消灯時間も大分過ぎた頃、先生に連れられて倉庫棟に行った。
扉を開け乱暴に放られると、直ぐさま鍵がかけられる。そこは何もない、頑丈な造りだけがやけに目を引く部屋だった。
 薄赤い照明の下、照らされる人影がふたつ。2人共ゲートを守衛する兵士だった。

「本当にヤっちゃっていいのかよ」
「いいから連れてきたんだろが。ただなぁ……俺の趣味はもっと育ってる方がなぁ」
「嫌なら引っ込んでろや。俺がありがたーく頂くから」
「誰も嫌とは言ってないだろ。時間はあるんだ、焦んなよ」
そんな軽口を叩きながらじり、とにじり寄る彼ら。

 嫌、怖い。
私は扉にしがみついてがたがたさせるも、全然びくともしない。後ろに気配を感じて必死に横へ逃げる。反対側の壁につくと、彼らが二手に別れてこちらへ来るのが見えた。
「堪んねぇなこりゃ。ウサギちゃーん、どこ逃げるのー?」
「おい、真面目に捕まえろよ」

 2人は嫌な笑いを顔に張り付かせて迫って来る。
怖い、怖い、助けて!逃げる足を引っ掛けられて、私は派手に転んだ。

「は〜い、捕まえた♪」
 私は、彼らに、両手両足を拘束された。

 視界に映る、無機質な赤い照明。その影になって彼らの顔は見えない。ただ、血走る眼と歯だけが光っていた。
私は声の限りに叫んで、身体を捩らせた。

「あー、いい声でさえずってんな」
「でもちょっとうるさくね? 黙らそうか」
 私の寝間着の襟に手が伸びる。大した力もなく引き裂かれ、上半身が露わになった。いや と叫ぼうとした瞬間、私の顔に覆い被さる顔。口にぬめぬめした感触と、うるさい鼻息。
 苦しい、臭い! 息を求めて首を振ると、臭い舌が口の中に入って暴れまわった。

 舌を絡め取られてむせると、胸に這う感触。ぴちゃぴちゃ音がして舐めまわされた。気持ち悪くて、身体の震えが止まらない。
 口を蹂躙する舌が去ると、すぐに千切れた寝間着を突っ込まれた。

「よし、これで静かになった。舌も噛めないしな」
「俺はまだ味わってないぞ」
「何言ってんだよ。散々胸ヨダレまみれにしといて」
「まぁいいじゃねえか」

 彼らはそう言うと、私のズボンと下着を抜き取った。晒される下半身に生暖かい風が通る。ズボンは千切られ、その即席の紐で両手首、太腿と足首を片足ずつの3か所を縛られた。
 もがけばなお、食い込む紐。叫ぶ声は寝間着に吸い込まれ、その様に男達は眼をぎらつかせる。
 私は瞬きもせず、ただ涙を流し続けた。

 手首を抑えられ、喰われる私。胸を舐めては先を摘んで噛み付くケモノ。足を広げてお尻を食べ、指を抜き差しするケモノ。
聞こえるのは鼻息と水音。感じるのは痛みと恐怖。
 身体中唾液と噛み跡だらけになった後、2人はベルトの金具を鳴らしズボンを降ろしだした。

「俺が先ね」
「何言ってんだ、口はお前だったんだから最初は俺だ」
「えー、じゃあ俺ただ見てんの?」
「口にすりゃいいだろ、ほら」
 私は抱き起こされ1人の膝の上に座らされる。後ろから掴まれた胸が痛い。目の前にはもう1人の、大きな棒が。

 詰め込んだ寝間着を抜き取られ、代わりに侵入するそれ。お尻の方で無理やり引き裂き、貫くそれ。同時に訪れた痛みに、意識が遠くなる。
 何が、どうなっているか判らない。ただ喉を突かれ込み上げる吐き気と、身体に走る苦痛で涙が溢れたのだけは、確か。

 彼らは狂ったように身体を揺すり、喰らい尽くす。頭を押さえつけられて、何度も棒を押し込まれる口。棒の根元の毛が口に入り、更にむせて苦しい。
首筋を舐めまわされ、強くつねり上げられる胸。お尻は揺すられるたび深く内を穿ち、ぐちゃ と嫌な音を響かせる。

 長く続く苦痛の時間。突然お尻の方で、おしっこみたいなものが噴き出された。驚いて下を向いた瞬間、口にも飛び出すそれ。
 苦くて臭いそれは口中に充満し、堪え切れずに胃の中の物と一緒に吐き出した。

「あ〜あ、きったねぇな」
「とりあえずこれで拭いとけ。おら、交代交代」
千切れた寝間着で乱暴に拭われると、私は床に転がされた。そして口の方にお尻の方に、棒をあてがい顔を見合わせる彼ら。
また同時に貫かれ、上下違う振動に身体が引き裂かれそうになる。

 お尻の穴に指を入れて掻きまわされる。髪を掴み棒に巻きつけられる。何度も、何時までも続く拷問。
 彼らの交代が3回目を数えた時、私は意識を手放した。




 716日目

 身体に残る傷が癒えて、研究室から部屋へ戻る。そして、またも全てが終わっていた。

 私を連れ出した先生は退職に。
 私を蹂躙した兵士たちは追放に。
 私を閉じ込めた倉庫棟は焼却に。

全て、なかった事にされてしまった。それでも私は知ってるし、憶えてる。

 先生はおそらく素行不良の為、利用されて殺された事。
 兵士たちは被験者として、捨て駒にされて殺された事。
 倉庫棟は消毒処置として、燃やされまた新しく建設してる事。

 おぼろな意識の中で聞いた、先生達の会話が耳を離れない。
「血液じゃ要領が悪いから、もっと改善しないと駄目ですね。次はもっと効率よく、飛散するような物を目指してみましょうか」

 何が、したいの。私に、何をしたの……!?




 1001日目

 私は、人間でなくなってしまった。
たくさんのネズミ達の死骸を前に、途方に暮れる。
 死ぬことすら、許されない。生きることは、もっと罪深い。
誰でもいい、助けて。誰か私を、壊して消滅させて――。

 流れない涙を悲鳴に変えて、私はゆっくりと壊れていった。

_