譜面の落書き
トップへブギーポップat the Hotel

 女の子は、いろいろと難しいのだ。濱田聖子はドレッサールームでひとり、仁王立ちして思う。
 スリム・シェイプが指定したホテル――そのとびっきりさにずっと、浮き足立ったままだ。それなのに、あいつは。部屋をぐるりと見回して「ふーん」と言うだけ。
今だって、調べ物するから先に風呂に入ってこい、と邪魔者のように追いやられたのだ。

 結城玲治。あの男、本当に、まったくもって、わかってない。

 アメニティグッズがずらりと並ぶ光景はまさに圧巻で、眺めているだけでもぼぉっとしてくる。
隅に置かれた揃いのタオルにバスローブ。ワッフル生地のそれは、洗剤のCMに出てきそうな程ふわふわだ。
 ふと、今までろくでもない男達と入った、しょぼいホテルを思い出す。……あー、虚しくなってきたな……。比べちゃダメだ。

 気を取り直してグッズを物色する。バスバブルは4種類。憧れの泡風呂!とくれば、ここは定番の薔薇で決めたいけれど。
誰かさんに文句言われるのが目に見えてる。ここは大人しく、グリーンティで手を打つか。
 綺麗なラッピングをほどくと、ふわりと漂ういいにおい。勢いよくお湯を落とすと、冗談のように泡が膨れ上がった。

「もしかして……やっちゃうのかなぁ……」
 力なく呟いた声は、流れる水音にかき消された。

 正直かなり、意識している。もし「そーゆーこと」になるんなら、それでも構わない。むしろ、どこか期待してる自分がいる。
 なのに。強張る身体は、不安のせいか。意味もなくきょろきょろしてから服を脱ぐと、姿見に映る貧相な自分。
 よく言えば、スリム。でもその細さも、体中に散るアザも、愛されなかった過去を、残酷に突きつける。
今夜あいつと寝たとして。この関係が、何か別のいびつなものへと変わってしまわないだろうか。
 それだけは、嫌だ。
 
 大きく溜息を吐き出す。どっちにしろ、やらなきゃいけない事が、山程あるのだ。
 グリーンティのシリーズを全部掴み、バスルームへ。そして一心不乱に身体を洗う。はっきり言って、泡立ちが悪い。

……今まで敢えて気にしないようにしてきたけど。最近ばたばたしてて、けっこう汚れていたかも。それに、このムダ毛……。
 必死にあちこち剃刀をあてる。何で、こんな素敵なバスルームで、こんなアホな事してるのあたし? それもこれも、みんなあいつが悪いんだ! 違うけど!
あまりの情けなさに、ちょっと涙ぐみつつシャワーを浴びた。


 一通り終わってつるぴかの身体になる。そう、これが本来のスタンダートなあたしなのよ。うん。さっきまでのアホみたいな作業は、頭の中で削除済みだ。
 気合を入れてバスタブに沈むと、香り高い泡は盛大にこぼれた。試しにシャボン玉を、ひとつふたつ飛ばしてみる。
 たしか昔見た映画女優は、ご機嫌に自慢のバディを磨き上げて相手の男を誘っていた。「あなたも、一緒にどうぞ」と。妖艶に、可愛らしく。
 
 なるほど。こんな状況なら彼女のようにやってみたくもなる、というもの。
たとえ胸元が頼りなくても、そこはご愛嬌だ。いいじゃん、いっそ、歌でも歌っちゃうぞ。

「あーい、ぅおなびー、らっばっゆー♪」
 歌詞も音程もデタラメ。でも気分はモンローでいい感じ。だんだん興が乗ってきて、脚を蹴り上げたりもしてみる。飛び散る泡。いいにおい。何も考えるな。
 フルコーラス歌いきった後、舞い上がった泡が、ぱちんと弾けた。

――綺麗になった。たっぷりと浸かって堪能した。じゃあ、次は「あなたもどうぞ」か……? 逃げたい。でも、逃げられる場所なんて、ない。
 無理やり覚悟を決めて、あたしはバスタブからあがった。

 ここで大きな問題がひとつ。何を、どこまで着るか、だ。
バスタオル一丁では、やる気満々みたいで恥ずかしい。かといって今までの服をまた全部着るのも、自意識過剰だし、第一汚い。(これはすぐにでも洗わなきゃダメだろう)
パジャマを買っておくんだった……! と悔やんでも遅い。

 仕方なしにバスローブに腕を通す。結局下はショーツだけ。……こんなに悩ましい格好なのに、全然悩ましくないのは、なんでだ。
 まあこれなら、あいつも変な気を起こさないだろう。自分で言ってて虚しいけど。
 ドアノブに手をかけて、深呼吸。自然に、さりげなく。

「あー気持ちよかった! お待たせ。次、入ってきていーよー」
勢いよくドアを開け、陽気に声をかけた。視界に映るは、クイーンサイズのご立派なベッド。

 そこで、あの男は、寝くたれていた。

 どうみても完全に眠ってる。うつ伏せに、崩れるように眠る姿はまさに「正体なくす」といった風情だ。
カーナビのスイッチも入りっぱなしで、更に脱力感が襲ってくる。
 本当に、こいつは! 何なんだ、もう!
全てがバカバカしくなって、おざなりにカーナビを切る。そのままあいつの隣に、どさっとダイブした。

 やっぱりゴーストは違う。
今は寝てるけど、起きてたってきっと、涼しげな顔で普通に風呂に入っていくのだ。こっちの動揺も知らないで。 その様子が想像できて、思わず苦笑がこぼれた。
 何だかちょっと悔しい。あのすまし顔を、見返してやりたいなあ、と思う。

 さらさらの髪へ指を伸ばすと、意外に長い睫毛が誘うように影を落としていた。それに吸い寄せられるように、まぶたにキスをひとつ。
 あ、と自分のしたことに驚いて固まる。寝込みを襲ってどうするよ、あたし。何やってんだ。そのまま身動きできないでいると、ふと気づく違和感。
 心なしか、こいつの頬が、赤い。さらによく見ると、睫毛も震えている。

……もしかして、もしかすると。動揺してたのはあたしだけじゃなかった、ってことだろうか。だとしたら、ちょっとだけ見返してやれた事になるのかな?
 ますます熱を帯びる頬。本当に、なんて可愛いんだ。

「おやすみ……また明日、ね」
 色づく頬にキスをして、あたしはふわふわと眠りについた。

_