譜面の落書き
トップへブギーポップbest half ?

 窓を叩く風の音が、夜の深さを知らしめる。古ぼけたベッドが2つだけの簡素な一室で、ビートは何度目かの寝返りを打った。
隣には隻眼の男の静かな寝息。規則正しい鼓動は力強く、揺らぎない。
 明日はいよいよ国境を越える。今まで以上に強行軍になるだろうから、早く眠らなければ。
そう頭では、判っているのだが。

 もうひとつのベッド、主がいなくなって半時は経つそれが心を苛む。
ぎっ、と微かな物音で目を覚ました時は、特に気には留めなかった。夢うつつのまま彼女特有の曖昧な鼓動を求め、寝返りを2回3回。
何となく落ち着かなくて5回6回と繰り返すうち、眠気はすっかり吹き飛んでしまっていた。

 いいかげん、遅すぎるよな。隣の男を起こさぬようゆっくりと身を起こし、静かに部屋を出て深呼吸をひとつ。
探す鼓動はすぐに見つかり、1階の奥――恐らくは洗面所――へと足を運んでいった。
 
 それにしても何やってるんだ、俺。あいつだって子供じゃないんだし、放っといて寝りゃいいのに。
いや、でもここらは治安も悪いし、警戒しとくに越したことはないか――。
 ブツブツ呟きながら目的地に着くと、浅倉朝子はちょうど洗面室のドアから出てきた。
手にはタオル、濡れた髪、上気した顔。……もしかして。

「あれ? 世良くんどうしたの? トイレ?」
「……おい。今何時だと思ってんだよ……」
「えっ……だって、ねえ?ここちょっと怖いし、この時間なら誰にも出くわさないかなーって」
「この時間だからこそ危ない、とは思わないのか!?」
「……でもその為に2人を起こすのも悪いし」
「結局起きてんだから一緒だろ。心配掛けさせんなよ」
「んー……。ごめん」
 
 やれやれと溜息を吐くと、彼女はばつの悪そうに眉を下げ俯いた。

 危険も承知でこんな時間、こっそり身体を洗う気持ちは、解らなくもない。
この宿はバスルームなんて物はなく、よしずの頼りない区切りにシャワーがひとつ。そんな外から丸見え状態で俺達は使用したが、やはり女の子には酷だったか。
夕刻いくら勧めても手足を洗うのみで、決して入らなかった事が頭を過ぎった。まぁ、仕方ないよな。

「いいけどさ、今度から声かけろよ。悪いとか気にする必要ないから」
「……ありがと。それにしてもさ、水が違うと全然違うね。洗っても泡立たないからびっくり」
「あー硬水だからな。そんなもんだろう」
「日本に戻ったら、ゆっくりお風呂に入りたいなぁ。……最近きちんと洗えなくて汗臭いし……」

 ここでも日本でも、厳しい日々だったのは同じ。ならば“風呂に存分に入れる”という点だけでも、日本を恋うるのは俺も賛成だった。
 だが。ふと歩みを停めて横の濡れ髪を見やる。腕を伸ばし彼女の頭を軽く引き寄せ、意識的に匂いを嗅いだ。

 石鹸の匂い。水の匂い。ほんの少し砂の匂い。そして彼女の、女の子の匂い。

「……別に、汗臭くなんかないぞ……?」
「やっ、ちょっ、世良くん!?」

 手にしたタオルをばさっと落とし、あからさまに狼狽する彼女。上から見るとゆったりした寝間着から鎖骨が覗いて……って。
 俺、もしかしてこいつの事、抱きしめてる?

「――――っ! 悪いっ!!」
 慌てて腕を離し、後ずさる。

 密やかな夜、宿の階段で。凄い形相で睨む彼女と、石化した俺が取り残された。
膠着状態、実に2分。口火はあいつから切って落とされた。

「…………何すんのよ」
「あー……いや、弾みで、……悪かった」
「女の子の匂いを嗅ぐなんて、世良くん最低」
「だから悪かったって」
「謝罪が軽い! 本当に恥ずかしいんだからね!」
「……そんなに恥ずかしい事か?」

 俺は匂いを嗅ぐよりも、抱きしめた事の方がよっぽど恥ずかしいと思うんだが。そんな本音を迂闊に漏らすと、彼女の眼は更に剣呑に細められた。

「デリカシーのない人には判んないわよねー」
「何だよそれ……――うわっ!」

 突然体当たりされて、階段に背中と尻を強く打つ。何すんだと抗議しようとした瞬間、頭の中が真っ白になった。
 首にまわされた腕。頬をくすぐる髪。しっとりとした重みが俺の身体に柔らかく絡む。彼女は楽しそうに俺の頭を弄り、ふんふん と思いっきり嗅いでいた。

「髪は……あ、同じ石鹸の匂いがする。でも私とはちょっと違うかな」
 指が髪を滑り、首筋を撫でる。そのまま胸元まで降りて服を軽く掴まれた。彼女の鼻が、俺の首に微かに触れる。

「へぇ……これが世良くんのにおいかぁ……」
 小さく呟き悪戯っぽく笑うこいつは、どこか妖艶で。幾度も触れたはずの身体も、夜の深さと相まって妙に艶めかしく俺を煽った。
――頼む、勘弁してくれ。

「……本当に、悪かった。確かにこれは、恥ずかしい」
「でしょう? 判ればよろしい」
 何とか言葉を搾り出すと、その謝罪に満足して彼女は掴んだ服を手離した。

 顔が、近い。お互いの吐息が、肌を嬲る。
しばらく見詰め合った後、あいつはふむ、とひとつ頷いて俺の背中へと腕を巻きつけた。

「――んなっ!」
「…………へへへっ」
「『へへへ』じゃない! 何だよ」
「んー……何か気持ち良さそうだなーって思って」
「…………おい」
「うん。気持ちいい」

 肩にすりすりと頬擦りをして抱きついてる姿は、まるで大きな猫のようで。俺は溜息をひとつ吐いて、彼女の背に手をまわした。
 細くて、抱きしめる腕が余ってしまう身体。柔らかくていい匂いのする、自分とは全く違う女の子。

「世良くんの身体、暖かいねー」
「……そうか? そっちの方が暖かいだろ」
「そーかなぁ……」

 他愛ない会話をぽつりぽつりと紡ぎ、時間は過ぎてゆく。
腕の中の身体は離すのが惜しくなる程、暖かく手に吸い付いて。そうだな。ものすごく、気持ちがいい。自分の行動に、制御が出来なくなるくらいに。
俺は右腕を彼女の膝裏に当て、そのまま掬い上げて抱きかかえた。いきなり膝の上に座らされたこいつは、きょとんとした後微笑んだ。

「このカッコ、お昼の時と同じだね」
「あー……。その、何だ。膝とか辛そうだったから」
「うん、こっちの方が楽」
 俺の情けない言い訳に、彼女はとても嬉しそうに答えて。

「それじゃ、改めて」
 しなやかな腕が、躊躇いもなく俺の身体に抱きついた。

 より密着する身体に、はしたなく鼓動が高揚する。動揺と、安寧と。相反する感情に振り回され、だが決して不快じゃない。
自分のと被ってよく判らないが、それはきっと、彼女も同じはず。

「……髪が、くすぐったい……」
「え……? ああ、ごめんね」 
 肩に乗せた顎を引き、おもむろに髪を掻きあげる指。あいつの虹彩に、俺が映る。

 気付いたら、唇を重ねていた。
 
 一瞬の、風が撫でるようなキス。だけど、ああもう。自分が何をしでかしてるのか、まるで判らない。

「………………」
「………………」
「……………その、」
「………私もしちゃお」

 驚く間もなく、再び重なり合う唇。蕩けるような柔らかさが思考を奪ってゆく。
じんわりと伝わる互いの熱。息をつき、微かに離れ、また触れた。
2度、3度、4度。重ねる毎により強く、より長くなっていく。下唇を軽く噛む。あいつの舌が、猫のようにちろりと俺の唇を舐めた。

 それを合図に、俺達は境界を深くする。
口内で舌が触れ、一瞬で奥に逃げる彼女のそれ。だが懲りずに、おずおずと差し出してくる。
少しの怖れと、いっぱいの好奇心と。本当に、彼女そのものだ。
 ざらりとした舌が絡まり唾液を攪拌させた後、ふいにまた逃げる舌。追いかけると、からかうように口内を逃げ回る。

「……ん、……んーっ」
「はぁっ……ぅん、……ぁ」
 ぴちゃり、と淫らな音が艶めいた吐息とともに響き渡った。

 逃げる舌を掴まえて、思う存分絡め合う。呼吸も許さない程、執拗に激しく。ついに耐え切れなくなった彼女から、唇が離された。
ふたりを繋ぐか細い糸が、少しの理性と多大な羞恥を呼び起こす。

「…………はぁっ」
「……ねぇ。私のこと、好き?」
「っな、何で、何をいきなり!」
「あ、ひどーい。好きでもないのに、こんなことしたんだ」
「そう言われても……判るか、そんなの。じゃああんたはどうなんだ」
「私? んー……そうだなぁ。好き、かな? 多分」
「その『かな?』 と 『多分』って何だ。随分いい加減だな」

 腹いせにあいつの片頬を摘んでぐにっと伸ばすと、同じように俺の片頬もつねられた。
 
「何するのよ」
「何すんだよ」
「ほんっと可愛くないねー、世良くんは」
「そうだな可愛くないな、あんたも」

 むっ、と互いの眉間に皺が寄る。でもどうしてだろう。こんなにも嬉しくて笑みがこぼれそうになるのは。
 なぁ、叔父貴。あんたならこの気持ち、判ったか……?

「まぁ……どうでも、いいか。そんなの」
「良くないけど、いいよ。そんなの」
 指を離し、額同士をこつんと合わせて覗き込む。
判らなくても、きっと大丈夫だ。だってあいつも、あんなに綺麗に笑みを浮かべてるから。

「ねぇ」 「なぁ」
 俺達は同時に呼びかけ、それで堪えてた笑いが吹き出した。
辺りをはばかった、声のない息だけの談笑。そんな秘密が、最高にくすぐったい。

「「……もういちど、」」
 そう同じ言葉を呟いて、俺達はまた口付けをした。

 押し入っては逃げ、翻弄する舌。しっとりとした髪、華奢な背中、すらりと伸びる脚。その存在全てが、俺を酩酊させた。

「……ぁ、やーらしいなぁ、その顔」
「……見るなよ。……そっちこそ、結構凄いぞ」
「んー、なにが?」
「さぁ、なんでしょう」

 閉じてた瞼を開き、口付けしたまま絡み合う視線。共有される鼓動が、互いの距離が近い事を暴力的に訴える。
 それは、狂おしい程、甘い。

「……見ないでよ」
「何で? 先に見てたのはあんただろ」
「でも……何か恥ずかしいし」
「……そうだな」
 再び眼を閉じて、戯れる。
その時彼女の中から、隻眼の男の痛切な叫びが響いてきた。

“俺は寝てる!全力で寝てるからなっ!”――――

「………………」
「………………」
「……………その、」
「………部屋に、戻ろっか」

 気まずくNSUで探索すると、果たして不自然な程規則正しいそれに行き着いた。彼女の“モーニング・グローリー”を裏付ける結果に、思わず苦笑と罪悪感が浮かぶ。
 
「……亨さんに、気を使わせちゃったな」
「……だね。高代さんが、気付かないはずないもんね」
 腕を緩め身体を解放すると、耐えようのない喪失感に襲われた。未練がましく腕を伸ばしかけては慌てて抑え、その様子に彼女は微笑んだ。

「……部屋まで」
「……ん」
 伸ばされた手に指を絡め、俺達は手を繋いだまま部屋へと帰っていった。




 翌朝の事は、あんまり語りたくはない。
陽の出て間もない静かな早朝、俺と亨さんはのっそりと起き出した。

「おはよう、ございます」
「……ああ、おはよう」
「………………」
「………………」

 気まずいのは自業自得、頭では解っていても出来るなら逃げたい心境だった。もちろん、亨さんの方が何倍もそう思っていたのだろうが。
所作無げに伸びをして着替えを掴もうとした時、後ろから声をかけられた。

「彼女を任せても、もう大丈夫だよな?」
 振り返ると穏やかな瞳が、俺へ真摯に問いかける。
ああやっぱり、この人は凄いな。迷いなく、一直線に切り込んでくる。

「……ええ。何とか、やってみます」
「そうか」

 俺の答えに満足したのか、にっかりと屈託なく笑う彼。そしておもむろに俺の首根を引っ掴み、こっそりと爆弾を落としていった。

「あとな。気持ちは解るが、場所は選べよ」
「――――っ! 亨さんっ!!」
 思わず叫んだ声のせいか、隣のベッドからんんー、と寝ぼけた声が上がる。そしてあっさりと目覚めた彼女は、俺達がじゃれてるのを見て目を丸くした。

「どーしたの? 朝から」
「いや、ちょっとね」
「何でもない! 断じて、力いっぱい、何でもない!」

 俺の狼狽に彼は盛大に吹き出し、彼女は更に疑問を深める。なんて騒がしい、幸せな朝。
 だから、大丈夫。ディシプリン続きでも、きっと何とかやってゆける。

 そうして俺達は、また新しい日々へと戻っていった。

_