譜面の落書き
トップへブギーポップHome

 洗濯物がベランダ中盛大にはためいている。一仕事終えた喜びを顔に浮かべ、ミセス・ロビンソンは両手を腰に当てた。
 空は何処までも青く、風は心地よく通り抜けていく。絵に描いたようなのどかな昼下がりに、自分がただの主婦だと錯覚しそうになった。

「平和ねぇ……贅沢だわ」
 最近は娘・九連内朱巳の監視以外に、主だった任務がない。その娘も色々と思う所が多々あれど、何とか旨くやっている。
 だからこのまま、何もなく平穏に過ごせたらいいのに。叶うはずのない願望が、つい口からこぼれそうになる。
もちろん言葉はおろか、そう思うこと自体気取られては進退に係わるのだが、それでもそんな感傷に浸ってしまう理由を思い、静かに面を伏せた。

 ベランダに背を向け陽光まばゆいリビングに戻る。自分と彼女の趣味を反映した部屋は、シンプルでいながらも何処か暖みを感じさせた。
 その原因は、ソファに鎮座するマンボウの縫いぐるみのせいだろう。
妙に平べったいそれを朱巳は気に入っていて、考え込む時クッション代わりによく抱きかかえている。
そんな仕草を年相応で可愛らしいと思うのだが、以前指摘したら「うるさいわね!」と怒鳴られた。
 お年頃の娘だから難しいのか、彼女だから難しいのか。全く解らないわねぇとひとりごちて、視線を奥へとずらす。その先にはダイニングテーブルに載る小さなケースがひとつ。そして――

「チャイムぐらい鳴らしてから入りなさい。仮にもレディの部屋なんだから」
 何時の間に侵入したのか、眼鏡をかけたサラリーマン――モ・マーダーが立っていた。

 身を纏うスーツも量産物、“普通”を体現する男は相も変わらず無口のようで、黙々とケースの中身を確かめる。
 中から現れたのは一振りのダガー。刃渡り15cm程の一見華奢に見えるそれは、穏やかな秋の陽光を鋭く跳ね返した。

 彼はおもむろに手に取り、握りを見る。軽く振るい重さとバランスを確認しては窓にかざした。
硬質な光が、乱反射する。

「どうかしら。前のより丈夫に出来てるみたいよ、それ」
「ああ、問題ない」
「それにしても3年振り……かしら。そっちは変わりない?」
「見ての通り」
「だからそこを詳しく聞きたいんだって。可愛い甥っ子と彼女は元気?」
「今は任務が別だから知らん。だが変わりはないはずだ」

 いつも真面目な鉄面皮が、彼らのことを口にした瞬間微かに綻んだ。その違和感に、今回の任務との関係性が頭を過ぎる。
恐らくはただの気のせい。だが何となく、嫌な澱が胸に落ちていった。

「そう。上手くやってるみたいで安心したわ」
「何故君が心配を?」
「ん〜、色々と理由はあるけど……」

 話しながらごく自然に指を上げ、軽いワイバーンを不意打ちする。彼は特に慌てた様子もなく、ダガーをかざして無効化した。
パァン!と派手な音が爆ぜた後、刃こぼれひとつないダガーと彼の視線が鋭く光る。

「…………何のつもりだ」
「ちょっと確認。気を悪くしたなら謝るわ」

 避けられない程腑抜けてる、という最悪の事態ではないようだ。手をひらひらさせ敵意がないことを示すと、彼は眉間に皺を寄せつつダガーを下げた。


 先程から変に浸ったり勘ぐるには、訳がある。
ひとつはお互い明日をも知れぬ身なのに再会できたこと。そしてもうひとつは、この唐突な任務内容のせいだった。

「今回の任務が貴方に得物を渡すことって知って驚いたわよ。……前のはどうしたの?」
「この間の任務でしくじってね。使い物にならなくなってしまった」
「……そう。貴方らしくもない」
「相手が手強かっただけだ」

 それだけ言うと、彼はダガーを携帯用のホルダーに納める。もう用は済んだとばかりに背を向ける暗殺者。
 こっちは話したいことがたくさんあるのに、それは酷いんじゃないかしら。
私は先回りしてリビングのドアに仁王立ちした。
 まだ何かあるのかと怪訝な彼に、当たり前でしょうと憮然な態度で応える。

「任務は終わりでも、私と親交を深めるのがまだみたいよ?」
「……ミセス」
「せっかく3年振りに旦那様が帰ってきたんだもの。ねぇ、“あなた”」
「それは任務上、しかも一時的なものだったろう」
「私の旦那様はつれないわぁ。素敵な奥さん放って何してたのかしら」
「暗殺に勤しんでたよ」
「駄目ね。ここは『君の事を思ってた』くらい言わなきゃ」

 冗談を口にしながら彼の腕を絡め取る。彼は控え目に溜息を吐いて、私に引かれるままソファへと腰を下ろした。

 光に満ちた部屋に存在する、少しくたびれた黒い点。彼の存在理由から思えば馴染めないのも無理はないが、それでも以前より柔らかくなったと感じる。
 その変化に、微かな淋しさと嫉妬を覚えた。

「改めてお久しぶり。暫らく見ない内に貴方、少し雰囲気が変わったみたいよ」
「……君は、変わらないな」
「喜んでいいのかしらね、それ。あぁ、そこのマンボウ踏まないで。あの娘うるさいから」
「これは……。まぁ、君の娘だしな」

 とても失礼なことをこぼし、縫いぐるみの背びれを摘んで睨めっこする彼。無表情な男と円らな瞳のそれの対比が可笑しくて、私は思わず吹き出した。

「ぷっ……あはっ。貴方、意外と似合うわよ」
「それは、あまり嬉しくない」
「いいじゃない。お役目至上の暗殺者より、可愛らしい方が好きよ」
「…………」

 彼からマンボウを取り上げ、ソファの隅に置く。振り返ると、お互いの距離の近さに鼓動が跳ねた。
 任務で仮初の夫婦を演じていた日々から、3年。あの時の戯れで女の悦びを知り、不本意ながら未だ彼を超える官能に出会えないでいる。
以来ひとり慰める夜に懸想するのは、この無愛想な暗殺者以外いなかった。

 無自覚に私を変えた償いを、今ここに。

「ねぇ、今までの空閨を埋めたいんだけど、質問攻めと身体に直接訊くの、どちらがいい?」
「…………ミセス」
「私は是非とも、身体に訊きたいわ」

 ゆっくりと肩にもたれ、あからさまな誘いの言葉を囁く。吐息とも溜息ともつかぬ風が、私の髪を軽く揺らした。

 何も考えず彼の温もりを確かめる。腕を背中にまわし、穏やかな鼓動を肌で聞いた。
 こうして触れていると、安らぎと欲望が込み上げる。
合成人間だからか、それとも女の性なのか――彼以外では決して開かぬ身体に思わず苦笑いしたくなった。
 見上げれば、そこには凪いだ瞳。もっと見たくて眼鏡に手をかけると、らしくなく動揺の色が走った。

 眼鏡を外すのは、以前何度も繰り返した始まりの儀式。眉ひとつ動かさず受け入れてた過去との差異に、何故だかとても責めたくなった。

「……違う反応返されると邪推するわよ。他にも女性がいるのかしらって」
「…………」
「……嘘でも否定しなさいね。この浮気者」

 眼鏡をマンボウの上に放り、ネクタイに掴みかかる。そのままぎりっと締めると、彼は困ったように手を上げた。

「待て。それは苦しい」
「自分が悪いんでしょう。知らないわ」
「……よく解らないが、ここは謝った方がいいのか?」
「そんなこと私に聞かないの! 馬鹿っ!」

 そもそも合成人間の、仮初の関係に貞節を求めること自体不毛だとは思うが、そこはそれ。感情はまた、別の問題だ。
 自覚のずれが妙に腹立たしくなって、私はネクタイを強く引き立ち上がる。そのネクタイをリードにして、苦しがる彼を無理やり寝室へと引き摺っていった。

 青を基調にした部屋には、小さな机とベッドだけが配置されている。他に何もないシンプル過ぎる部屋のために、ベッドの大きさがやけに目に付いた。
 窓に向かいカーテンを全て閉める。水色の帳は陽射しを充分に透かしていたが、これからの行為に支障がない程度には暗くなった。
 世の女達がどうかは知らないが、明る過ぎる場所で致すのは遠慮したい。男の乱れる様はとくと見たいが、自分のを見られるのはやはり恥ずかしい。

 振り返りリードを引くと、従順な犬は大人しくベッドに座る。見上げる面は観念したように瞼を閉じていた。
 腕を伸ばし彼の頭を抱え、まずは口付けを。少し乾いた唇はすんなりと私の舌を受け入れて、唾液を撹拌させた。
舌の裏側をじっくりと舐め上げては口蓋を突付き、自分の内へ誘い込む。彼は私の内でもざらつきを執拗に絡ませては、溢れる唾液を飲み下した。
その都度上下する喉が艶めかしい。
 時折離しては空気を求め、また柔らかく寄せられる唇。ゆっくりと時間をかけて交される口付けだけで、もう身体の芯が熔け始めていた。

 ふらつく身体を抱きしめられる。彼の膝の上に跨り、ふたりの距離がゼロになった。
胸に埋まる彼の唇が、器用にボウカラーのリボンを解いていく。くつろいだ襟元に熱い舌が侵入し、鎖骨を舐めた。

 思わず仰け反ると、隙間から伸びた指が素早くボタンを外す。肌蹴た身体に、生暖かい空気が嬲った。
 舌が鎖骨を辿り胸の中央から左の丘へ、背中にまわした腕はブラジャーの金具を外し、もう片方の腕で押し上げられる。
こぼれ落ちるたわみは、彼の唇と手のひらに難なく納まった。
 待ち望んだ刺激に、息が上がる。

「……んっ、……まって……」
「待たない」
「私だけ……ずるいわ」
「何が?」
「…………だからっ……」
「君だけ乱れて、か」

 見えるように乳首を舐め上げる舌。その赤さがあまりに淫靡で眩暈がする。
唾液で光る乳房に彼の指が食い込み、優しく強く弄り尽くす。固く起立した乳首は吸われ、乳腺にねじ込むように尖らせた舌が攻め立てた。
 
 ブラウスが肩を滑り落ち、肘にかかる。その白い布を利用して、彼が私の腕を拘束した。
 気付いた時には遅く、私は後ろ手で縛られ彼の膝の上に跨るという不安定極まりない格好になっていた。
 何処にも、逃げ場がない。それでも辛うじて身を捩ると、背中にまわした腕に呆気なく押さえられた。
 頭に血がのぼる。羞恥に追い詰められた私に、獲物を狙う目線が刺さった。

「っ……やだ。はなして」
「離さない。こんないい眺めを、離すわけないだろう?」
「――――っ!」
「君こそ、可愛いな」

 指が背中を、撫で上げる。反射で突き出された胸を再び口に含み、もう片方の手が脇腹を探る。
スカートのホックを外し、ファスナーがじりじりと下げられていった。
 1cm下げてはひと舐め、また1cm下げてはひと撫でと、私の反応を楽しむ彼。もどかしくて、恥ずかしい。
攻める唇も私が達しそうになると、はぐらかすように逃げて別の場所をいたぶる。
 耐えきれなくなって腰をもじもじとしだすと、彼は目ざとく見咎めた。

「どうした? そんなに震えて」
「んっ…………っ」
「もう濡れてるのか。感度がいいのは結構だが、私の服を汚さないでくれよ」
「このっ、……意地悪っ!」

 怒鳴った瞬間、指がスカートの中に滑り込み敏感な秘芯を摘んだ。一気に高みへと押し上げられる。
 私は簡単に達して痙攣した後、力尽きて彼の胸に倒れた。

 乱れた呼吸で胸が上下する度に、彼のスーツが擦れて甘い痺れを身体に走らせる。
彼はネクタイ以外特に乱れもなく、悠然とベッドに腰掛けていた。
 私だけが、これ以上ない位乱される。
足掻けば更に深みにはまり、自分の身体がままならなくなっていく。
その様を眺める男の眼差しに嗜虐の色が宿るのを見て、どうしたらいいか判らなくなった。

「随分早いな。まだ何もしてないのに」
「…………っ」
「ああ、このままだと染みになる。私も脱ぐから少し立ってくれるか」

 脱力しきった身体を支え、覗き込むように話しかけてくる。私は笑う膝を何とか叱咤して、床に脚をつけた。
僅かな隙間から彼の身体が抜けていき、すぐさま私の背後へとまわる。
 髪に指を絡めて強引に口付けを奪う彼。口内を存分に蹂躙し最後に下唇を舐めた後、私は不意に肩を押された。

 支えもなくベッドに倒れ込む身体。背後から追い討ちをかけるように、衣擦れの音が響いた。
 ジャケットを脱ぎ、ネクタイが滑る。シャツがはだけ、ベルトが金属音を鳴らす。スラックスが落ちて、そして――見えない分、音で煽られる。

 だが、ホルダーの音だけがしなかった。 

 ブラウスを引き千切り背後の首に手をかけるのと同時、私の左胸に心臓を狙うダガーが突き付けられた。
 膠着するふたりの暗殺者。空気が、痛い程張り詰める。

「……『一緒に死のう』だなんて、随分と熱烈な愛情表現ね。相応の覚悟があるなら、応えてあげてもいいわよ」
「試して悪かった。先程の君の行為と相殺してくれ」

 彼は苦笑しながら刃をホルダーに納め、ベルトを腕から外していく。無造作に放られた暗器は、脱いだ服の上で重い音を立てた。
 今度こそ、一糸纏わぬ男の身体。私は彼を力一杯引き寄せ、絡まるようにシーツへと身を投げた。

 貪欲に喰らう唇に急かされて、彼が乱暴にスカートを剥いでいく。ストッキングが破れ、ショーツを膝まで下ろされた。
 快感の証が糸を引き太腿に伝う。彼はそのぬめりを指で掬い、見せ付けるように舐め取った。

「……こんなに感じていながら、冷静だな。君は」
「っ、貴方に、言われたくない」
「それも業か。…私達は、こんな時ですら浸る事が出来ないんだな」
「関係ないわ。楽しんでる、でしょう……貴方も」

 腕を伸ばし彼の男根を握る。硬く怒張するそれに指を這わすと、応えるように震えて脈打った。
 言葉が、態度がどう在ろうと関係ない。この火照る熱と快感の兆しを示す互いの自身、それだけで充分だった。
これを没頭してると言わずに、何と言うの?

 もっと触れたくて身体を起こすと、意図を察して彼の腕がそこへ導く。尖端から溢れる透明の液を指に馴染ませ、形を確かめるように辿った。
脈打つ幹を過ぎ癖のある茂みを掻き分け、柔らかな袋に触れる。決して揺るがない男の、唯一の弱点。
鉄面皮が淫らに崩れる様を見たくて、私は躊躇わず口に含んだ。

 口の中で、彼の脈動を感じる。名残惜しく唇で舐り離しては、先の入口に舌を抉らせた。
微かに広がる、男の味。まだ足りないと催促するよう尖端の膨らみへ、音を立てて吸い付いた。
 ちゅっちゅっ、と唇で甘噛みしながら舌でしごくと、幹は硬度が増し頭上から呻き声が漏れた。
見上げると、彼は眉根を寄せ悩ましく瞼を閉じている。乱れ落ちる前髪が、上気した肌に艶を添えた。

 これこそが、私が求めていたもの。
思わず笑みを浮かべると、彼の指が奉仕を労うように私の髪を掻き上げた。
 彼の指に促され、愛撫を更に大胆にする。極限まで頬張り筋を舐めまわす。口腔で暴れるそれにむせそうになるが、構わずに激しく抽迭した。
 こぼれる唾液で生々しく光る局部。そのぬめりを使い無防備な袋に触れると、びくりと腰が跳ねた。

 素直な身体の反応に、私は勝利を確信する。手のひらに袋を乗せ、揺さぶりながら更に奥へと指を伸ばす。
もう片方の手で幹を強く擦り上げ、再度入口を舌で抉る。
 最後に強烈な追い討ちをかけた瞬間、私は力任せに引き剥がされた。

 閉め切った部屋に、荒い呼吸だけが響く。不満げな視線と許しを請う視線がぶつかった。

「…………これ以上は、駄目だ」
「どうして? 私の口で果てて欲しかったわ」
「勿体ないだろう。それに、まだ君を可愛がってない」
「さっき散々したじゃない。……あのブラウス、気に入ってたのに……」

 身体を入れ替え組み敷かれる。ばさりと広がる髪に、彼が口付けを落とした。脚の間に、熱い切先が割り込んでくる。

「それは済まなかったな。お詫びに今度何か贈るよ」
「貴方の趣味って、信用していいの?」
「さてね。落胆する程じゃないと思うが」
「ふふ……楽しみね」

 首に腕をまわし引き寄せると、肘をつく男の肩に力が入った。鼻が触れる程近付いて、互いの虹彩に潜む欲望を確かめる。
 瞬きもせず見詰め合ったまま、彼が私の身体を貫いた。

 遠慮なく最奥まで穿つ彼。その刺激は痛い位なのに、身体中が歓喜で打ち震えた。
満たされた内は離さないとばかりに、侵入者に絡み付く。自分と彼の脈動が、下腹部に力強く響いた。

 ダガーのように研ぎ澄まされた筋肉が、動く度張り詰める。
私は本能の求めるまましがみ付き、彼の存在そのものを身体に刻み込んだ。
 彼が私の脚を抱え、肩に掛ける。より深く、強く腰を叩きつけられる。素早く抽迭を繰り返して攻め、私が翻弄されてる様を確認しては不意に動きを止め唇に喰らいついた。

 一分の隙なく密着する身体。貪る舌に応えようとすると腰を上に揺さぶられ、敏感な芽を、内を嬲った。
焦らすように最奥で待機しては、息が落ち着く前に掻きまわされる。
 その思考を削り取る攻めに、私はただ溺れるだけ。彼の腰が大きく円を描くように動いた刹那、私は何度目かの絶頂に達した。


 弛緩する身体を抱き上げられる。繋がったまま身体を転がされ、私はシーツに顔を埋めた。

「まだまだ、足りないな」
「……ぅっ、……でも、このかっこう は、や……」
「不安か? でも随分と良さそうだぞ」
「いやっ! ……やだっ……ん」
「止めない。そんなに乱れていては、苦しいだろう?」

 後ろから乳房を鷲掴みにされる。跳ねる身体を押さえつけ、耳に噛みつき自由を奪った。

 だから最後まで、確実に殺してあげよう。

 甘やかな死刑宣告を突き刺し、彼は再び動き出す。先程の緩やかな攻めから一転、激しく腰を叩きつけた。
角度が変わり抉られる感覚が一層きつくなる。起立しきった乳首を弄られる痛みも、もはや快感でしかない。
知らず浮かんだ汗が背中を伝い、それすらあまさず舐め取られ肩を噛まれた。

 快楽の許容を振り切り、拷問のような甘い攻めが執拗に続く。
達するのを確認してはまた体位を変え、容赦ない凶器が私の全てを抉っていった。
 もう何処にも力が入らない。
それでも最後に、と伸ばした腕は絡め取られ、私は彼の膝の上で抱きしめられながら力尽きた。


 カーテンから漏れる陽光が、何時しか黄昏色に変わっている。
暫し意識を手放していたのか、重い瞼を開くと心配そうに見つめる暗殺者が映った。
 彼に乱れは見られず、一切が来訪してきた時のまま。そして私も、別のブラウスに身を包み完璧に整えられた状態で寝そべっていた。
 妙な所で気がまわる男に、もう苦笑しか出てこない。皮肉のひとつでも言って応酬を、と起きようとしたが身体は情けなく萎えたままだった。

「……本当に、完膚なきまでに、殺されちゃったみたいね」
「まぁ、その……なかなかに、眼福だったよ」
「求めたのは私の方なのに、無性に非難したくなるのは何故かしらね」
「…………ここは、謝った方がいいんだろうな」

 気まずそうに頭を下げる彼を手招きして引き寄せる。何とか腕に力を入れ彼の頭を掴み、眼鏡へ熱烈なキスをした。
あっ、と慌てて身を引く彼の左眼には、くっきりと残る報復の証。懐からハンカチを出して必死で拭き取るも、そう簡単に落ちるはずがない。
結局曇りを広げただけで諦めた彼に、やっと溜飲が下がる思いだった。

 暮れゆく静かな部屋に、中学校のチャイムが鳴り響く。夕刻を知らせる哀切な唄を聞いて、娘の帰宅が間もないことを思い出した。
 逢瀬の終わりは、もうそこまで来ている。

「名残惜しいけど、もうすぐ朱巳が帰ってくるわ。だから……」
「ああ。……それじゃ、君も元気で」
「そんな別れ台詞いらないわ。旦那様なら『行ってきます』でしょう?」
「全く君は……。娘が帰るから追い出される夫なんて、何処の世界にいる」
「ここにいるわね。ほら、甥っ子と新しい彼女が待ってるわよ」
「……待て。その『新しい』って何だ」
「私が、気付かないとでも?」
「………………」
「……だから、嘘でも否定しなさいって言ったでしょ! もう!」

 未練を断ち切るように彼を玄関へと追い立てる。そんな心情を察してか――彼は困ったように微笑んで私にキスを落とし、行ってくるよ、と振り返らずに去っていった。




 その知らせを聞いた瞬間、息が止まった。

「モ・マーダーが死んだわよ。その内喧しく報道されるわ」
「………………」
「さっき別の任務がてらあいつの甥っ子とかにも知らせてきたけど」
「………………」
「……随分人間臭い反応だったわね。少し驚いたわ」
「…………そう」

 取り込んでいたシーツの隙間から、夕陽が容赦なく差し込んでくる。黄昏が現実味を失わせ、朱巳が物言う人形のように見えた。
 人形が更に言葉を紡ぐ。口だけが、動く。

「原因がはっきりしないんだけどね。あの希代の暗殺者が、何故どのように殺されたか――興味深いと思わない?」
「……何故、それを私に?」
「さぁね。ただ何となく、あんたにも知らせとこうと思っただけ。余計な世話だったかしら」
「………………」

 それだけ言うと、彼女は自分の部屋へきびすを返した。
後は何もない。何にも、私には残らない。

 あの時のように、またチャイムが夕刻の街に鳴り響く。児童の帰宅を促すため、“おうちがいちばん”と歌う曲を選んだ奴に、拍手をしてやりたい。
褒め称えて罵倒して殴り殺して――ああ。私は何を考えてるんだろう。正気の欠片を拾おうとしても、哀愁漂う唄が邪魔をした。
 
 馬鹿やろう。貴方は、ずるい。
こんな贈り物は欲しくなかった。よりによって、朱巳の口からなんて趣味が悪すぎる。お陰で私は、泣くことすら出来ないじゃない。
こんなに誂え向きの涙を誘う場面なのに、私には我慢しろって言うの?
 逝き場に迷え馬鹿男。貴方なんか、もう知らないわ。
 
“Home, home, sweet sweet home. There's no place like home.――”

 込み上げる想いなんてない。溢れ出る涙なんて、ありえない。
私は悔し紛れに唄を口ずさみ、はためく洗濯物を両手一杯に取り込んだ。

_