譜面の落書き
トップへブギーポップ後朝の約束

 正樹の無事を確認した後、高代 亨は霧間邸へと戻った。
最低限のすべき事は済ませた。後は、どこか遠くへ立ち去るだけだった。

 誰もいない筈の玄関をくぐると、2階の方に微かな人の気配を感じる。おそらく、彼女だ。
そのままリビングを抜け、客間の荷物を手早く纏める。カバンひとつで収まる人生は、薄いと嘆くか、身軽と喜ぶべきか。
すっかり身支度を終えて、最後にとリビングを見渡す。部屋の隅には放られた電気コード。感慨深く手にとっては丁寧にたたんだ。
 ああ、ここから始まったんだよな。もう戻ることは出来ないが。

 ゆっくりと立ち上がると、ドアには霧間 凪が待ち構えていた。

「おい、どこに逃げるつもりだ」
「まだ決めてないが。……世話になった」
「それで罪滅ぼしのつもりか? 無駄な事をするな」
「俺の勝手な行動があんた達に迷惑をかけた。これからもっとそうなる。その前に」
「だからそれが、いらん事だと言ってるだろう!」

 怒りを露わに彼女が歩み寄ってくる。振り上げられる、拳。渾身の一撃を甘んじて左頬に受けると、胸倉を強く掴まれた。
首をきめるように締める腕よりも、その眼差しの強さにたじろいだ。

「……何を勘違いしてるんだろうな、あんたは」
「事実だろう」
「正樹も綺も、健太郎やオレだって自分の好きなようにしただけだ。それを全部自分のせいだ? 何様のつもりだ」
 彼女は更に詰め寄り、鋭い脚払いが一閃する。俺は体重がかかるまま床へと倒された。

 全ての欺瞞は許さない、と揺らぎのない瞳。逃げられない。捕われたように、俺はただ見つめ返すだけ。
 張り詰めた、長い刹那。彼女の髪が肩から一筋、音もなくこぼれて頬に当たる。その瞬間、電話の着信音が鳴り響いた。7回のコールの後、留守番電話に切り替わる。

「何だよ凪、どこ行ってんだ!? これ聞いたらすぐ病院に来てくれ! 正樹が目を覚ました! 携帯にも連絡入れたからな」
 彼の声が性急に告げると、唐突に伝言が切れた。
再び漂う、静寂。頬をくすぐる髪に目を細めると、彼女は呆れたように溜息を吐いた。

 締め落とさんばかりの腕を緩めて、デコピンをひとつ。思わず顔をしかめると、彼女も同じように苦笑した。

「あんたも馬鹿だな。何かやっただろ」
「……まぁ、借りてた物を返しただけだ」
「敢えて詳しくは聞かないけどね。それで心置きなく逃げるつもりだったのか」
「心置きなく、は酷くないか?」
「その通りだろ」
 彼女の指がゆっくりと、頬の腫れた跡をなぞる。労わるように確かめた後、らしくなく目を逸らした。

「これは、謝らないぞ。あんたがくだらない事言うからだ」
「これ位で許して貰えるなら、安いもんだ」
「許すも何も、逃がす訳ないだろ」
「俺がいて害はあっても、役には立たないぞ?」
「あんたに頼みたい事なら山程あるさ。その“強さ”が必要なんだ」

 彼女は指を頬から胸へと滑らせ、とん と軽く突いた。その感触に身体が強張り、急に彼女の事を意識する。
 腹に感じる、彼女の重み。彼女の香り、そして眼差し。一度自覚すると身体は勝手に反応し、抑えられない。
硬くなるそれは彼女の尻を押し上げ、あからさまに主張した。何とか隠そうと足掻く程、不自然に汗が流れ出る。彼女はそんな状態に気付き、ほのかに顔を赤らめた。

「……えーっと、その、なんだ」
「……済まない。悪いが退いてくれないか」
 やっとのことで告げると冗談のように頭が茹だる。そのまま項垂れていると、彼女は気まずく頭を掻いた。

「いや、その、オレは別に構わないけどな」
「……何が?」
「何なら、するか?」
「何をだ! 駄目だろ!」

 思わず叫ぶと、彼女は弾けたように爆笑した。その振動さえも今の身体には、毒だ。彼女を降ろそうとウエストに手をかけると、またひとつデコピンを頂戴する。

「……おい、どこ触ってんだ」
「えっ!? いや、違っ」
「冗談だ。あんまり笑わすなよ」
「頼むから、もうそれ位で勘弁してくれないか……」
 ぐったりと脱力して抵抗を諦めると、彼女はしばらく肩を震わせて笑った。

 彼女も年頃の娘なんだよな、と初めて見る屈託ない笑顔にぼんやりと思った。そんな俺の視線に気付いて、彼女は真顔に戻る。胸に置く手を軽く握り締めて囁いた。

「なぁ本当の所、何が駄目なんだ?相手がオレだからか?」
「だからそうじゃなくて……」
「……他に好きな奴がいる、からか」
「…………いや」
「嘘だな。まぁ、それだけじゃなさそうだけど」
「だから、そういうのは簡単にしたらいけないだろう」

 何を言い出すんだ、と内心焦りながら答えた。今もそれは硬さを増し、懲りなく熱さを伝えてくる。本当に辛抱堪らん。助けてくれ。br /> 意地でも彼女を退かそうとすると、彼女は両脚に力を入れてへばり付く。そして片眉を微かにあげて、意味深に溜息を吐いた。

「オレはあんただったら、別にいいと思ったんだけどな」
「あまりからかわないでくれ。本当にキツイんだ」
「からかってないさ。……あんたの身体に触りたい」
 強い眼差しはそのままに、縛りの言葉を紡ぎ出す彼女。その長い髪に、指に、絡め取られて沈んでいく。

「もう1度聞く。……オレでは駄目か……?」
 俺は衝動に突き動かされるまま、彼女を抱き寄せて陥落の証を唇に落とした。

 歯と歯がぶつかる、激しい口付け。求められるまま舌を絡めると、頭の芯から痺れていく。
忙しなく空気を求めては位置を変え、そのたび境界線は深くなった。
 聞こえるのは、荒い息遣いと淫らな唾液。流れる髪を掬いあげ、彼女の首筋に手を滑らす。小さな喘ぎを漏らし、しなやかに弓反る背中。
離れた唇からは妖しく名残の糸が光り、二人の胸の間へ落ちていく。

「……本当に、知らないぞ。やめろと言われても止めないからな」
「大丈夫だ。あんたがどんだけがっついても、オレなら壊れないさ」
「がっつくって……」
「まぁ、こっちも遠慮はしないからな」

 彼女は不敵な笑みを浮かべて、ツナギのファスナーに手をかける。焦らすように降ろしていくと、徐々に露わになる白い肌。
思わず手を伸ばしツナギを肩から剥がすと、抑えられてた胸がふるん、と揺れた。
 華奢な肩、細い腰。だが鞭のようなしなやかな筋肉が覆う、躍動感溢れる身体。俺は彼女の腕を首にかけると、そのまま抱き上げて客間へと移動した。
押入れを開けて、敷布団を乱暴に引き出す。畳に放られた布団を見て、彼女は目を丸くした。

「……なんでわざわざ、そこまで」
「あのまま床だったら、俺はいいがあんたは痛いだろう?」
「ぷっ、……駄目だ、耐えられない……ぷはははっ!」
「……俺だって恥ずかしいんだから、笑うなよ」
 布団の上にふわりと彼女を降ろすと、俺は引き寄せられるまま彼女の笑い声を肩で聞いた。

 しがみ付く腕はいつまでも震え、まなじりには涙すら浮かべる彼女。いい加減居たたまれなくなって、俺は唇で笑いを遮った。

「そろそろ止めないと、本当に襲うぞ」
「ん?ああ、悪い。でもなぁ……あんたいい奴だな。普通そこまで気がまわらないだろ」
 彼女は啄ばむように口付けを落とし、俺のタートルシャツを捲り上げる。首から引き抜かれると傷だらけの上半身が露わになった。
その傷跡を愛しむように、ひとつひとつ指でなぞり、舐める。少しずつ、確実に灯される快感に息が上がった。

 彼女の指がベルトにかかり、下着も全てあっけなく脱がされる。抑えがなくなり痛い程張り詰めるそれ。そこに刺さる彼女の視線に、今更ながら恥ずかしくて項垂れた。
 
「何照れてんだよ」
「これで照れない方がどうかと思うぞ……」
「こんなになっといて、何を今更」
「だから、そんなまじまじと見ないでくれ」

 視線から逃れる為に、彼女のフロントホックに噛み付き引き剥がす。スライドした金具は勢い良く外れ、たわわな胸がこぼれた。
柔らかなそれに顔を埋めると、びくんと反応する身体。首筋に、耳に指を滑らせ彼女の逃げ場を塞ぎ、胸を貪る。
下から舐め上げて口に含み、舌で吸い上げ甘噛みすると応えるように硬く震える頂き。隙を狙ってショーツも脱がすと、それは微かに濡れて糸を引いていた。
 あ、と真っ赤になり俯く彼女。
 
「……何、照れてるんだ。今更」
「……前言撤回。あんた、いやな奴だ」
 軽く殴ろうとする腕を捕らえて、俺は拗ねる唇に口付けをした。

 鼓動を確かめるようにきつく抱きしめる。
彼女の指は俺の髪に触れ、首筋から肩を辿り筋肉をひとつひとつなぞった。

「ちゃんと“使われてる”筋肉だよな」
「そうか?それはあんたの方だろ」
「オレも多少は鍛えているけどさ。やっぱり“女”ってハンデがな……」
「少なくとも俺と勝負して、どっちが勝つか判らない程度にはあんたは強いと思うぞ」
「例えば、こうか?」

 いきなり指を伸ばし、彼女はいきり立つそれを握った。不意打ちの刺激に思わず声が漏れる。
彼女は俺の反応を満足げに見下ろすと、そのまま口に咥え込んだ。暖かい中に包まれて、ベルベットのような舌で嬲られる。
彼女の長い髪を掻きやると、挑むような眼差しとぶつかった。煽られて売られた勝負ならば、逃げる訳にはいかないだろう?

 彼女の身体を反転させ、潤みを帯びる中心へ口付ける。逃げる脚を押さえつけて夢中で啜ると、彼女は咥えたまま喘いだ。
襞を開いて覗く突起を舌で抉るたび、ぴたりと閉じていた入口は柔らかく緩み、潤みを吐き出す。
 滴り落ちるそれを指に絡ませて、内に差し入れる。吸い込まれるように1本、2本と増やしては内壁を丁寧に確かめた。
 やぁっ、と一際高い喘ぎを上げて、彼女は俺のを手放す。それを合図に、彼女の身体を下敷いて有無も言わさず突き立てた。

 あまりにきつい締め付けに、まさかと身体が強張った。
彼女は眉根を寄せて俺の肩にしがみ付き、確かに痛みを堪えていた。

「ん、ちょっとキツイ、かな」
「……どうして」
「別に気にするな。オレがしたかったんだから。……あ、でも少しこのままで、待ってて」

 彼女は力なく笑みを浮かべ、俺を引き寄せる。堪らなくなって彼女を思いっきり抱きしめると、苦しい馬鹿、と文句をひとつ投げつけられた。
 彼女の髪を梳き、口付けを落とす。舌はお互いの口内を戯れに動き、名残の糸を彼女がぺろんと舐め取った。
猫のような小さな舌は、俺の耳も甘噛みして囁く。

「もう、いいよ」
 甘美な囁きは脳天を直撃し、目の前が真っ白になった。
彼女の指が俺の胸を滑り、そして とん、と軽く突く。その感触で堰を切ったように、彼女を攻め立てた。

 何度か抽出を繰り返すうち、彼女の腰が苦しそうに浮いているのに気づく。
傍にあった枕を腰の下に敷いて角度を調整すると、動きは格段にスムーズになり、彼女は照れてデコピンをお礼にくれた。
 深く突き立てては、突起に擦り付けるよう掻きまわす。揺れる胸に誘われてかぶりつくと、彼女は俺の肩に快感の証をつけた。

 喘ぐ彼女を更に転がしてうつ伏せにし、背中から強く抱きしめる。長い髪は淫らに乱れ、色づく背中に夢中で赤い花を散らした。
穿つ水音はいよいよ切なく、俺たちを限界までかきたてる。

 彼女が振り向いた刹那その艶めく唇を奪い、俺は彼女の背中に搾り出して果てた。




 どろどろになってしまった背中を綺麗に拭い、力なく項垂れる。
布団と枕に残る、彼女の破瓜の血。こればかりは、どんな言い訳も許されないだろう。

「気にするなって言ったのに、またぐちゃぐちゃ考えてるな」
「いや、本当に……済まない」
「謝ればいいのか? オレがやりたいと言った。やった。そしたらオレは気持ち良かった。……あんたは?」
「……我を忘れるぐらい、だったよ」
「だったら言う言葉が違うだろ。礼を言え礼を」

 彼女は俺の頭をぐりぐりと掻きまわして、にっかりと笑った。
ああ本当に、彼女には頭が上がらない。思わず苦笑すると、彼女は急に面を正しぽつんと小さく呟いた。

「……なぁ、オレ達は1度、失敗してるよな」
「……? ああ」
「だからできる事も、できなくてもやらなきゃいけない事も判ってる。……守りたい人も、な」
「そうだな」
「だったら、逃げるな。失敗した分も、守れなかった人の分も、な」

 真っ直ぐに訴える、強い眼差し。彼女の強さは、そこから来ているのだろうか。そうだとしたらそれは、どんなに脆く、優しく、そして確かなものなのだろう――。
 俺は込み上げる想いに頷くと、彼女から口付けをひとつ受け取った。

「とりあえず、失敗してへこんでる男の護衛を頼む。あいつの事は少々厄介なんだが、あんたなら大丈夫だろ」

 彼女は簡単に依頼を告げると、俺の手を引き立ち上がる。
俺は承諾し、そのまま彼女と一緒にバスルームへと歩いて行った。

_