譜面の落書き
トップへブギーポップ傷物の赤

 この生活が、何時までも続くとは思わない。ただ守りたいと思った気持ちに、嘘はなかった。




 連日の深夜残業で身体中が悲鳴をあげていたが、それはどこか心地よかった。
 今回のクライアントは“判ってる”奴で、確かな手応えが感じられる。少なくとも裏の仕事にはない、充実感があった。
 家のドアを開けると、遠くから響くドライヤーの音。彼女の音に、思わず身体が強張る。愛飲しているバーボンを片手に書斎へ逃げ込むと、椅子に力なく項垂れた。

 九連内朱巳の監視の命を受けて、早2年。
たとえ今、抹殺命令を受けようと実行は決して出来ない。そんな風に変わり果てた、自分がいた。
 ドライヤーの音が止まる。今日もまた、彼女は自分を強請るんだろうか?
更に緊張を高めていると、程なくして彼女が書斎のドアを開けた。上気した肌で湯上りの香りを運ぶ彼女。危ういそれに、心乱されそうになる。

「今日も随分遅いわね」
「……ええ。すみません」
「別に謝んなくてもいいけどね。その分あたしは好き勝手出来るし」

 彼女は溜息を吐くと、こちらへ歩み寄って来た。おざなりにネクタイに手を伸ばし、一気に引き抜く。
ネクタイは小気味良い音を立て、カラフルなボタンホールが露わになった。

「……毎度思うけど、あんた妙な所で洒落てるわよね」
「まぁ、それが商売ですし」
 虹の七色になっているそれに、彼女は呆れつつも上から順に外していった。
 紫、藍、青、緑。
 そして誘うように指が頬を滑り、彼女からのキスを唇に受けた。


 “裏の仕事”が終わった後、彼女は私に当たるようになった。それから始まった、不毛な関係。でもそれを拒むことは、出来なかった。

「……シャワーを浴びたいのですが」
「あたしが、今、したいのよ」
「いや、今日かなり汗かいたので」
「構わないわ。あんたの匂い、嫌いじゃないし」
 ふいに告げられた言葉に、思わず鼓動が激しくなる。彼女は嫣然と微笑み、残りのボタンを外していった。
黄、橙、そして赤。
しなやかな指は首筋から胸へと滑りシャツを性急に落としていく。はだけた胸に刻印を刻みながら、か細い身体は柔らかくもたれた。

「今更ですが……本当にいいんですか?」
「何がよ。子供に性欲がないとでも思ってる訳? ……それとも、あたしじゃ不満かしら」
「あの、いやそうでなく」
 口封じのように噛み付かれ、執拗に舌を求められる。こんなにも甘いのに、酷く痛い。結局、自分の無力を思い知るだけだ。

「あんただって知ってるでしょうが。“傷物の赤”が本当だってこと」
 暗い光を目に宿し、彼女は忌々しげに吐き捨てた。

 任務ある毎に受けさせられる、統和機構の診察がどれ程屈辱的か。確かにこの身を以って、知っている。
「ジジイ共に勝手に弄りまわされる事を思えばっ! ……どんな奴とだって、どうでもよくなるわ」
 ぎり、と腕に爪を立てる彼女。そのまま指は手首へと辿り、腕と爪にうっすらと血の跡を残す。

「皮肉よね。学校の連中に吐いた偽装が、実は本当でした、なんて」
「……ですが」
「うるさいわね。クソったれな事が多すぎて苛々するのよ」
 彼女は腕の傷を、嬲るように舐めた。じんわりと広がる甘美な痛み。
何も考えず、この少女に溺れられたなら。そんな出来もしない、虚しい願いが頭を過ぎる。

「だからまぁ諦めて、あたしとしてよ。ね?」
 彼女の投げやりなおねだりに、拒む術を全て失う。溜息を吐いて彼女を抱き上げると、ベッドへと運び横たえた。

 パジャマを剥ぐと、露わになる悩ましい肌。まだ堅さを残すラインと相まって酷く官能的だった。
服従の証に、キスをひとつ。舌は貪欲に口内をかきまわし、歯列を辿っていく。
 彼女に喰われる自分。それとも、与えられているのか?
指を肩から背中に滑らせ、彼女を引き寄せる。柔らかな身体を確かめるように、たくさんの口付けを落とした。

 頬に、首に、そして胸へ。唇が辿るたび、火照りを増す身体。胸の頂きに吸い付くと、微かな喘ぎと共に震えていた。
 夢中になって攻め立てる。たっぷりと唾液に濡れる頂きは硬さを持ち、誘うようにてらてらと光った。
 速い息遣いは甘く、更なる深みへと嵌っていく。 彼女の爪が腕の傷を力一杯えぐった。痛みに顔をしかめつつ、指を彼女の太腿から茂みへと動かす。

 しっとりと潤うそれに触れると、彼女は一層高い声を上げて果てた。


 荒い呼吸の彼女をそのままに、サイドテーブルの酒に手を伸ばす。
頭がくらくらする。こんな事、何度繰り返しても素面では堪えられそうになかった。

「相手を放って酒を飲むとは、いい根性してるじゃないの」
 激しく胸を上下させ、こちらを睨む彼女。
拗ねた唇も、滲む汗も、どれ程男を煽るか判っているんだろうか。彼女は面倒臭そうに起き上がり、グラスを引ったくった。

「あんたいつも飲んでるけど、美味しいの? これ」
 無防備にあおって、むせる彼女。普段とは違う、少女らしい反応に思わず笑みがこぼれた。

「……馬鹿にしてるでしょ」
「いいえ。でも子供の飲むものではありませんね」
 彼女からグラスを取り上げるとカラン、と氷の鳴る音だけが響く。絡み合う視線。絡みつく指。

「これの飲み方は、手の中でゆっくりと溶かして味わうんです」
 彼女と握り締めたグラスを傾け、それを彼女に口移しした。

「……苦い位で、丁度いいでしょう?」
 溢れた酒は首筋を伝い、彼女の鎖骨で艶かしく溜まっていった。

 鎖骨を器に、酒と彼女に酔う。どこの官能小説だ、と半ば呆れる自分がいた。
溢れた跡を丁寧に舐め取り、器から飲み干す時に刻印をひとつ。色付く身体に散る、赤い花。

「……そうね。悪くないわ」
 彼女もグラスを傾け、にやりと笑う。その笑みに不吉なものを感じて後ずさると、勢いよく倒された。
そして琥珀の液体とともに、咥えられる陰部。

「――――っ!」
 焼け付くような刺激に、身体中から嫌な汗が噴き出る。溢れる酒を巧みな舌使いで掬い取る彼女。
すっかり舐め取ると、まだ足りないと言わんばかりに搾りたてる。根元から先端へ、舌を絡めては何度も吸い込まれた。
 激しくしごかれるたび、上がる水音が羞恥と快感を煽られた。

 あまりの刺激に耐えられなくなり、彼女を無理やり引き剥がした。

 勝ち誇るように笑う彼女。情けないが、確かに限界まで追い詰められた。
「勘弁して下さいよ……」
「いいザマね、スクイーズ。ぞくぞくする位色っぽいわよ」
 ぐったりと倒れていると、彼女が自分のにあてがった。微かに触れる、お互いの中心。

「……あたしも、もっと気持ち良くして」
 挑むような眼差しに、囚われる。

「……手加減は、しませんよ?」
「よく言うわ。そっちこそ先に音を上げないでよ」
 見つめ合い、宣誓のキスを唇に。そのまま力一杯、彼女を引き寄せた。

 背中を駆け登る快感に、身動きが出来なくなる。彼女の口からも、悩ましい吐息がこぼれた。
しばらくして、挑発的な彼女の視線とぶつかる。それに応えるように、彼女の腰を激しく揺さぶった。
 彼女の身体を思うまま、貪る。今この時だけは、不道徳だの統和機構だの関係ない。揺さぶるたび彼女は跳ね、結合の刺激を強くする。ただ深さに物足りなくなり、身体を入れ替え彼女を下敷いた。
 より穿つものに、嬌声が上がる。更に、突起に擦り付けるようにかきまわした。
もっと奥へ。もっと強く。彼女の両脚を肩にかけ、限界まで中に入る。脈打つようにうごめく中に、気を抜くと全てを持っていかれそうだ。

「ん、ぜんぶ、だし て」
 甘く切なげな彼女の声に、どうしようもなく煽られる。
彼女の脚を片方下ろし、捻るようにして抱き寄せた。何度も打ち付けるたび幼い胸は揺れ、快感の兆しを主張する。

 激しく抽迭を繰り返した後、彼女の胸を鷲掴み全てを吐き出して力尽きた。




 気だるく身体を横たえてると、彼女は恍惚の笑みで微笑んだ。

「まあまあかしら、ね」
「厳しいですね……精々精進しますよ」
「どうやって? オカマ言葉を使う男に、寄り付く女はいないわよ」
「余計なお世話ですよ。あれは色々と便利だから使ってるんです」
 額をごつんとぶつけて、彼女を睨む。彼女は余程面白かったのか、弾けるように爆笑した。
しばらくそうした後、彼女はベッド脇にあった見慣れないハンカチへと目線を移す。

「あと、そうそう。今回のクソったれな任務でね、可愛い仔犬を拾ったのよ」
 まなじりに浮かぶ涙を拭きながら、思い出したように、彼女が告げた。

「面白いコで、とっても気に入ったわ。いずれそのコとここを出て行こうと思うの」
「……そうですか。じゃ、私はお役御免ですね」
「実は、ちょっと淋しい?」
「ええ。でもこれからも、見てますからね」
 パジャマを肩にかけ、彼女の髪を梳く。彼女はその手に頬を寄せ、静かに目を閉じた。

「別にこれが最後じゃないけど、言っておくわ。……今まで世話になったわね。ありがと」
「……らしくないですね。『あたしが世話してやった』くらいの事を言われる覚悟でしたのに」
「そう? まぁ世話して貰ったし、世話してやった。だから、相殺かしら?」

 そう囁いて、ゆっくりと目を開ける。
照れ笑いをひとつ残し、彼女は寝室へと帰っていった。

_