譜面の落書き
トップへブギーポップ恋人達の贈り物

 なーにがクリスマス、よ。こちとら、相も変わらずお勉強だっつーの。
世間では“恋人と過ごす”なんて浮かれてるのに、あたしは今日も予備校でカンヅメだ。
講習は英語。テキストはご丁寧に「賢者の贈り物」。

“贈り物はまったく役に立ちませんでしたが、2人は幸せでした”――じゃねーわよ。渡すことすら出来ない、自分の境遇が腹立たしい。
 何度目かわからない溜息を吐くと、隣に座っていた末真和子は呆れた様に軽く笑った。

「藤花……後もう少しだから集中しようよ。気持ちは判るけど、先生睨んでるよ」
「そうだけどさぁ……」
 前のホワイトボードの方で、一際かたん と大きな音が響く。顔を上げると、先生がこちらを見て苦笑いしていた。
わぁーごめんなさい! と視線をノートに戻すも、胸のモヤモヤは治まりそうにない。
 “恋人と過ごす”なんて誰が決めたんだか。実際は拘束されて、いつもの様に過ぎていく。あそこの先生だって、こんな日に講習なんか入れたくなかったろうに。本当にご苦労様、だ。
懲りずにまた盛大な溜息を吐くと、講義終了のチャイムが鳴った。

 苦痛の時間は終わったけど、ジレンマの時間はまだ、終わらない。ロビーでコーヒー片手に、だらんと脱力した。

「そういえば末真は、今夜どうするの?」
「私? まっすぐ家に帰って、家族とケーキでも食べるわよ」
「やっぱりそうなっちゃうか……」
「高校生なんて、そんなもんよ。それに家族と過ごせるのも、きっとあと何年かだしね」
「……あたしの場合、嫁に行くまで強制一緒ってカンジだけど」

 過保護なお母さんのことが、頭をよぎる。
本当は先輩をきちんと紹介して、家に連れて来たりしたい。でも人の日記を盗み見したり、街で会った時に内緒で後をつけるような人にそんなこと、出来る訳がない。

「まぁ、それも親孝行と思って我慢ね」
「わかっては、いるつもり。なんだけどさぁ」
 残りのコーヒーを一気に飲み干して、紙コップを握り潰す。
無力だ。理不尽だ。でも、しょうがない。精々お腹一杯食べて、フテ寝でもしてやるか。
 あたしは覚悟を決めて立ち上がり、紙コップをゴミ箱へ投げ込んだ。

「それじゃー、いっちょ親孝行しに帰りますか」
「そうね。じゃ、また明日」
 あたし達はひらひらと手を振って、予備校の出口からお互いの帰路へと別れていった。


 寒い。とにかく、寒い。全く来る気配のないバスを待ちながら、噛み合わない歯を鳴らし続けていた。
 末真はさっさとスクーターで帰っちゃったし。
それにしてもいいな、あれ。免許があれば、いろいろと便利そうだ。ただしガソリン代をお小遣いでやりくりできるのか、という別の問題がある訳で。
あーバイトしたいなぁ。

 だんだんと、気持ちがささくれ立ってくる。それに寒さのせいで、油断すると垂れる鼻水があまりに情けない。
 17の乙女が、本当にこれでいいの?

「ううう……寒いよう」
「じゃ、これでも飲んで暖まって」
 差し出された缶に驚いて振り向くと、そこには先輩が、いた。

「な んで、せんぱい……」
「せっかくのクリスマスだしさ。末真さんに予備校の終わる時間、聞いといたんだ」
 照れ笑いする先輩の鼻も、赤い。
この寒い中、わざわざ会いに来てくれたんだ。あたしに。かじかむ手でコーンスープの缶を受け取ると、じんわりと伝わるぬくもり。
 やだ、どうしよう。ものすごく嬉しい。
 少しずつ、凍りついた心が溶かされていく。突然の幸せをかみしめていると、通りの向こうからバスが到着した。


 さっきまで落ち込んでたのに、急に浮上する気持ち。先輩がすごいのか、あたしがお手軽なのか。
 揺れるバスの中で、繋いだ手。コートで隠すように絡めた指が、くすぐったくてにやにやしちゃう。
バスはあっけなく終点に到着し、また寒さの中へ放り出された。でも、もう寒くない。

「スープだけじゃあれだし、何か買っていこうか」
「そうですね。あ、新作のプリンまん食べてみたいな」
「……普通の肉まんにしないか?」
 結局コンビニで買ったのは、先輩用の肉まんとあたし用のあんまん。プリンまんは「家に帰ったら甘いもの食べられるでしょ」と先輩に諭されて止めといた。
ちぇ、ちょっと残念。

 優しい湯気を手に、先輩と並んで歩く。この素敵な時間が少しでも長くなるように、と足取りが嫌でも重くなった。
 前を見ると、見慣れた街並みが広がる。あの通りを抜けて角を曲がれば、家についてしまう。

「あのさ、ちょっと寄り道いいかな」
「……あたしも、そう言おうと思ってたトコです」
 へへへ、と顔を見合わせて笑う。繋いだ手に力がこもった。 あたし達はそのまま横にそれて、いつも立ち寄る児童公園へと入っていった。

 木で出来た、大きな滑り台。その昇った所に、ちょっとした小屋の様なスペースがある。2人座ればやっとのそこへ、先輩と並んで腰掛けた。
 ここなら寒風もいくらかしのげて、冷たい視線からも守ってくれる。
すぐ側に感じる先輩の匂い。どきどきするのに、すごく落ち着く。肩にちょっともたれて、そのまま軽くキスをした。

「いつもと一緒で、変わり栄えしなくてごめんな。本当はどこか行けたらいいんだけどさ」
先輩の申し訳なさそうな囁きに、あたしはううん、と頭を振った。そんなどこかに行くよりも、2人きりなれるここがいい。
 先輩の手が、優しく髪を撫でる。彼の胸へ顔をうずめる様にすると、ポケットの異物に気がついた。

「先輩、これ……」
「ん、ささやかだけど。プレゼント」
「開けてみていいですか?」
 震える手で可愛いラッピングを解いていく。中から出てきたのは、白地にカラフルなドット模様のレザーバンド。
 すごく嬉しいんだけど、疑問がひとつ。女の子にあげるプレゼントって、普通アクセサリーとかじゃないのかな? 何ゆえ、これなんだろう。

「……その、さ。いわゆるお約束なのも思いついたんだけど、そういうの宮下、家では大っぴらに出来ないだろ? これくらいだったらお目こぼしして貰えるかなー、と思ったんだ」
 微妙な表情を察して、先輩が困ったように説明する。その姿にぐっと込み上げてきて、バンドと一緒に先輩を抱きしめた。

 力一杯抱きついた後、あ! と肝心なことを思い出す。先輩へのプレゼントを、結局何も用意してなかった。
 どうせ会えないしーと拗ねてた自分を殴りたくなる。
どうしよう。せっかく貰ったのに、何もお返しできない。

 先輩の手がふわりと背中にまわされる。見上げると、先輩の前髪が額に触れた。誘われるようにキスをひとつ。

「あの、ごめんなさい……」
「……何が? あ、もしかして気に入らなかった? それ」
「そうじゃなくて! そうじゃなくて……実はあたし、プレゼントとか何も用意してないんです」
「なんだ、そんなことか……。別にいいって」

 安心した様にほ、と息をだして微笑む先輩。本当にこの人は。自分の笑顔が、どれ程高い殺傷能力を持つのかちっとも自覚できてない。
 ワンスマイルでノックアウト。あたし、早すぎ。熱に浮かされたように、キスを繰り返す。
ついばむ様に求めるうちに、だんだんと長く、深く絡み合った。苦しくなって一旦離れると名残の糸が2人を繋ぐ。

「ん、そうだな……じゃあ俺の方からプレゼント、ねだってもいい?」
 先輩は悪戯っぽく笑って、あたしの唇をぺろん、と舐めた。

 先輩の腕が、ゆっくりと首筋を辿っていく。ひやりとしたそれに、心と身体がそれぞれ別の意味でぞくぞくした。
 ぷ、プレゼントって、アレですか!? 先輩とは最近べろちゅーとかするようになったけど、それ以上のことは、まだしてない。
そんな嬉しいんだけど、いろいろ準備っていうか、心構えというか、あっ耳を舐められた! や、恥ずかしい、けど気持ちいいっ。
 頭の中はパンク寸前で、真っ赤になって震えていた。

「その、……触っても、いいかな」
 囁くようなその問いに、ただ頷くことしか出来ない。先輩はあたしの手を絡め取って、はぁ と息を吹きかけた。

「手、冷たくてごめん。嫌だったらちゃんと言って」
 その手の大きさに、少し安心する。あたしも先輩の手に息を吹きかけて微笑んだ。
ああ、もう。本当に好きだなぁ。

 腕を首へとまわして、甘えるようにキスをする。先輩は優しく受けた後、ゆっくりとダッフルコートの留め金を外していった。
 冷たい空気が流れ込んでくる。でも身体はより感覚を鋭くし、彼の手によって火照っていく。
 先輩の手がセーターをめくり、直に背中へ触れた瞬間、思わず首にまわした腕に力が入った。
 ぬくもりを馴染ませる様に、触れたまま動かない手。最初は冷たさに驚いても、だんだんと慣れてくるうちにもどかしく思えてきた。

「もう、大丈夫ですよ。寒く、ないです」
「……そんなこと言っていいの? 知らないよ」

 先輩は嬉しそうに笑って、頬から首筋へ唇を滑らせる。背中に添えられた手は、あろうことかブラのホックを外してしまった。

「――――っ!」
「ほら、本当にいいの? 止めないよ俺」
「〜〜っ意地悪だ! 判ってるくせにっ」
 なけなしの精一杯で睨むと、先輩はお構いなしにご機嫌でキスをくれた。何か、ものすっごく悔しいんですけど!

 悪戯な指はじりじりとお腹の方を辿り、もう片方は肩へ触れてブラの紐をするりと落とす。中途半端にずれてセーターが直に胸にあたり、その感触に息が荒くなる。
 耳には吐息と唇を。胸にはセーター越しに触れる指。優しく包むように触れたかと思うと、探るように先端を辿る。
 お腹をうろうろしていた片手も、上へと滑らせ掬い上げる様に胸に触れる。セーター越しでもはっきりと判るくらい硬くなった先端を、先輩は屈んで直接口に含んだ。
甘い痺れが全身を駆け巡る。ぺちゃ、とあがる小さな水音に恥ずかしさと気持ちよさで、変になってしまいそうだ。
 もう力が入らない。壊れたようにがくがくと震えるだけ。先輩の髪が鼻に触れた途端、あたしは思わずくしゃみをした。

 はっとなった後、気まずそうにブラを直す先輩。手早くセーターを下ろし、ダッフルの金具を留めて、あっという間に表面上は元通りになってしまった。

「ごめん……ちょっと調子に乗りすぎた」
「そんなことないですよ。でも、どうして」
「俺の我侭で、風邪引かせちゃまずいだろ」
「大丈夫ですってば。っていうか……」

 別の意味で、全然大丈夫じゃない。すっかり蕩けさせられた身体は、力が入らないだけじゃなく引かない熱を持て余していた。
 どうしてくれよう、この男。

「悪かったって。でもプレゼントありがと。とっても、よかった」
 だから、どうしてそう煽る!?
傍らのバンドを握り締めると、行き場のない感情の暴走にふっと眩暈がした。


――……やあ、久しぶりだね、竹田君。バンド、ありがとう。
――……ああ久しぶり。藤花とお前、両用にと思ったんだけど、判ってたか。
――本当に君は優しいね。……残念だが、僕は何もお返しできないよ。
――いいんだよそんなのは。藤花にすっごいの貰ったし、……そうだな。またこうして話したい。それでいい。
――そんなでいいのかい? ただ、案外それは難しいおねだりかな。
――……そうか。まぁ、気長に待つさ。
――ご期待に添えるか判らないけど、それじゃまた。
 


 目がチカチカして、うまく息が吸えない。あまりにテンパってて軽い過呼吸を起こしたみたいだった。
意識して深呼吸をする。少し落ち着いて先輩を見ると、何か物言いたげな顔をしていた。――何か、変なの。

「先輩? あたし、本当に大丈夫ですから」
「……そっか。じゃ、もう遅いし帰ろう」
 軽く伸びをしてゆっくりと立ち上がる。暖められた空気が一気に逃げて、改めて外の寒さを実感した。確かにあのまましてたら、本当に風邪でも引いてたかも。

 つくづく先輩って余裕で、正しくて、ムカつく。
あたしはいーっと先輩にしたあと、勢いよく滑り台から滑り落ちた。何だ? と疑問を浮かべた顔して先輩も後から降りてくる。
 
「先輩……いつか、キッチリ責任とって貰いますよ」
「んなっ!? もしかして思いっきり怒ってる?」
「そうじゃなくて、だからそうで、あーっもう! とにかく、次はいつ会えますか?」
「そうだなぁ……今度MCEの新しいビルでも見に行くか」
 頭をかきながら、どこかとぼけたことを言う先輩。でもいいや、今日先輩からはいろいろ貰ったし。おかげで眠れそうにないけれど、それも多分、幸せな夜だ。

「期待して待ってます。……それじゃ、今日はありがとうございました。先輩も、いい夜をね!」

 あたしは素早くキスを奪うと、家へと一目散に駆けていった。
_