? 水 面――蒼衣秋良×雨宮世津子
譜面の落書き
トップへブギーポップ水 面

 何度繰り返そうとも、報われる日は、きっと来ない。



 金と魑魅魍魎が集う街に建つマンションの一室。贅を尽くされた美意識は、部外者を完全に拒絶していた。
――こんな場所に住まうなんて、絶対まともな神経じゃない。蒼衣秋良は家主、雨宮世津子へ苦い一瞥をくれてやる。麗しの美女は脱ぎ捨てた服もそのままに、しどけなく髪を纏めかんざしを挿していた。

「……おい、脱いだ服くらいちゃんとしろよ。皺になるぞ」
「んー? いいじゃない、その為の蒼衣でしょう?」
「断じて違う。そんなくだらない仕事に部下を使うな」
「上司の環境をより良くするのが部下の仕事でしょうが。はい、よろしく」

 彼女はスーツの残骸に目もくれず、キャミソール姿でバスルームに消えていく。程なくして流れてくる、シャワーの水音と彼女の鼻歌。
 暖かな調べは屈託がなく、豪奢なリビングを充たしていった。

 仕事帰りに彼女の部屋へ寄る理由は、ただひとつ。そこにはシビアな現状が在るだけなのに。穏やかな時間に、勘違いしそうになる。

「……馬鹿だなぁ……本当に」

 取り敢えずは目前の敵、スーツをどうにか始末しよう。シルクのそれは驚く程軽く、蕩けるような感触で僕を攻撃する。
 くそっ、相変わらずいい素材、いい仕立てだな。
 最初この仕打ちを受けた時、腹いせに洗濯機へ突っ込んでやれと思った。だが敵はその存在、そして香りで良心をちくちくと苛んでいく。
 結局今日も執事よろしく専用のハンガーに吊るし、丁寧にブラシして収納する事になった訳だが。

 クローゼットの中には、密やかに存在を主張するボトル――“Mitsouko”
見てはいけない物から目を逸らすように、僕は静かにクローゼットを閉めた。

 リビングに戻ると、彼女は既にバスルームからあがっていた。羽織ったローブからのぞく胸元。上気した頬に張り付く髪の一筋。懸命に冷静を装っても、心拍数は律儀に上がっていく。
赤面する顔を隠すように、僕はキッチンへと逃げ込んだ。
 用意するのは、水色の濃い紅茶に彼女のナイトキャップをひと垂らし。上品な香りは更に甘く、蟲惑的になって僕の鼻をくすぐる。

「淹れたけど、飲むか?」
「気が利くわね。いただくわ」
「……それで例の件だけど、そっちはど」
「待った。美味しい一服に無粋な話はなし。それよりあんたもお風呂に入ってきなさい」
「………………」
「どうせ今夜も泊まっていくんでしょう? ほら」

 彼女は僕に向かって面倒臭そうにしっしっ と手を払った後、目を閉じて香り高い湯気を堪能する。その姿は普段からは想像がつかない程、無防備であどけなく。
 それは反則だ。手酷い勘違いをしてしまうじゃないか。

「……入ってくるから、僕にも湯上りの一杯頼む」
「憶えてたらね」
「たまには部下を労っても罰は当たらないぞ」
「これ以上優しくしたら蒼衣が処分されるわよ」

 閉じてた目を片目だけ開き、彼女は不敵な笑みで応酬する。僕は盛大な溜息を吐きつつ、バスルームに身体を引きずっていった。


 ローズウッドの蛇口を捻り、柔らかなシャワーの流れを止める。ぽたりぽたりと前髪から伝い落ちる水滴。灯りを受けてダイアモンドさながらに弾けるそれを、ただぼんやりと眺めていた。

 ミルクではないが、これもミルククラウンというのだろうか。小さな宝冠に手を伸ばすと、刹那の輝きは失せただの水に成り下がる。
当たり前の事だ。水は落ちる。弾けた後は広がり、光を乱反射させない。それでもその輝きを留めようとするなら、“彼女”のあの――。

 ふいに苦い追憶が蘇る。浸るな嵌るな引きずるな。あれには触れてはいけない。振り切るようにバスルームを出て、乱暴に身体を拭く。知らず内に長湯だったらしい。姿見には呆れる位のぼせた顔が映っていた。
 よろめきながらもバスローブを羽織り、ふう と大きく深呼吸。

 それにしても。ローブが誂えた様にぴったりなのが、滅入る。れっきとした彼女の物でありながら、サイズに全くの問題がない。
蒼衣自身背が低い訳ではないのだが、彼女が女性にしては背が高く、手足が長い。10cm程の身長差はあってないようなもの。
 ましてこの中性的な顔に、少女と見まごうひょろい身体とあっては。
 
「あー……だから一緒に外歩きたくないんだよな」

 ひとりごちてタオルを洗濯機へ放り込む。外に出るとなけなしの10cmは、彼女のヒールで相殺されてしまう。
同じ目線。余りに違う風格。男として、本当に居た堪れない。
 もっとも、彼女と連れ立って歩く事など滅多になかったが。

「誰が、何ですってー?」
 リビングの方でローブの主が追求の声をかけてくる。それに弁解するため、僕はこの情けないローブ姿を披露しにいった。

 淀みない手付きで入れられる紅茶。ただしナイトキャップがカップ容積の7割を占めてなお、“紅茶”と呼んでいいものなら、だが。
 立ち上がる香りは既にして媚薬。口にせずとも、それだけでくらりときた。

  「ちゃんと憶えてたわ。どうぞ?」
「……勿体無いなぁ。せっかくいい酒なんだから、そんな使い方するなよ」
「可愛い部下の為にとっておきの一杯をね」
「その心は」
「グダグダ言い出す前に、面倒だから酔い潰す」
「その、本当の心は」
「明日朝早いの」
「……そうですか」

 カップを突き出す笑顔が痛い。ここで辞退したらどうなるか。僕も命は惜しいので、躊躇いながらも口を付けた。
 
   ロックだと気品ある焦味が、熱せられて牙を剥く。その喉を焼く熱さに何とか耐えると、時間差で脳天を直撃された。
ふらつく身体。のぼせる思考。彼女はただにやにやと、自分の実験結果に満足げで。
 ああ、このまま一日を終えたら気持ちいいだろう。それでも、僕は。

「なあ、“彼女”の手掛かりは何か掴めたか? こっちは知っての通り、調べても全然手応えなしだ」
「……判りきった事を」
「あんただって諦めてないんだろ。……開示できるカードだけでいい。教えてくれ」
「そんなの私の方が教えて欲しいわ。この前と同じ、進展なしよ」

 実りのない問答を繰り返す。
彼女は自嘲の笑みを貼り付けながら、僕のカップを奪い飲み干した。


 “彼女”――雨宮美津子が消えて、三ヶ月。
判ったのは彼女があの時、とんでもない機密を持ち逃げした、という事だけ。与えられる情報は不自然な程少なく、また雑多な任務に忙殺され僕達は不毛な日々を過ごしていた。

 それでも、懲りずに求めている。僕も、彼女も。

「あ〜あ、明日早いのに。今夜くらい潰れてくれない?」
「潰れたらここに来た意味がなくなるだろ」
「綺麗なお姉様に逢いたくて、じゃ駄目かしら」
「僕は、“綺麗なお姉様方”に、揃って逢いたいんだよ」

 不意を突かれた様に彼女が固まった。行き逢う視線。あ、今僕、ものすごく恥ずかしい台詞を口走ったか!?
さっき流し込んだ液体が、更に猛威を奮い腰砕けにする。話を戻せ。だから、その――

「……そう。そこまで熱望されるとは光栄だわ。でもここでよりどちらを? と聞くのは野暮かしらね」
「だから、っ……勘弁してくれ。そんなの、僕にだって判らない」
「優柔不断な男は嫌い。でも今夜はその可愛い狼狽に免じて許してあげる」
「優しいお姉様で嬉しいです。……で」
 視線で続きを催促する。彼女はカップを置き溜息を細くこぼれさせた。

「“彼女”の新しい情報はないわ。ただ……上の方統制取れてるのかしら。あんたの無謀な捜査も、私の部屋に入り浸ってる事も、敢えて見逃してる訳ではない様だし」
「一応その為に機構入りしたんだから、おかしくはないよな」
「それでも牽制くらいあって然るべきよ。なのに放置で任務は適当。周りはだんだんキナ臭くなるし、本当に何かあったのかも」
「……少し行動を控えた方がいいのか?」
「かもね。藪蛇はお互い避けたいし」

 会話はおしまい、と彼女は立ち上がり寝室へと歩いていく。僕は手早くカップを片付け、彼女の後を追った。


 サイドテーブルの灯りに照らされる寝室。橙の光は辺りをクラシカルに染め上げ、横たわる彼女を一枚の絵画に変える。

「カップ洗っておいた」
「ありがと。本当、蒼衣って使える部下ね」
「もっと遠慮なく褒めていいぞ。……寝るのか」
「何度も言ってるでしょう。明日朝早いの」
「……眠れるのか?」
「その為の蒼衣でしょう……?」

 細い指がかんざしを抜き取る。留めを失った髪は音もなく彼女の肩に、褥に落ちてゆく。
 彼女はゆっくりと手を差し延べ、かんざしの先を僕の唇にあてた。

 それは悲しい形式美。同じものを喪ったふたりの、慰めの合図。
彼女は気にしてない、と言った。だが眠れないのだ、とも。僕に出来る事は、貪欲に彼女を抱いて束の間のまどろみを与える事。
 彼女と僕の、報われぬ想いに偽りの救済を――。

 目を閉じてかんざしの感触を追う。唇から首筋へ、縋るようにちくりと刺した後、更に胸へと滑り落ち。
時々走る痛みは、彼女のささやかな求める声。“彼女”とは同じで違う、不器用なおねだりに身体が熱くなった。

 かんざしが勢いよく抜かれる。解いた紐は床に捨てられ顕わになった。
嬲る剣先は躊躇いがちにそれに触れ。応えるようにそれは身を起こす。

「虐められてよがるなんて、やっぱりあんた変態」
「それは言いがかりだ。第一、それはあんた達姉妹の所為だろうが。……――っ!!」
 突き立てられるかんざし。根元を抉る、余りに鋭利な痛みに息が止まった。

「お喋りな男も嫌い。躾がなってないからお仕置きね」
「――〜〜っ!! 待て! 相すみません! お許し下さい!」
 何時までも引かない痛みに悶絶しつつ、無様な格好で許しを請った。

 投げ遣りに放られるかんざし。彼女は黒絹の髪を散らし、ベッドに深く脱力した。

「……つまらないわ。飽きた」
「……左様ですか。それではお暇を」
「そんなに元気なのに帰れるの? 蒼衣の我慢も病的ね」
「そう言うあんたも眠れるのか? 手を離してくれなきゃ帰れない」
「可愛くないわね」
「上司に恵まれてね」

 彼女は僕の頭をたぐり寄せ、ぐりぐりと梅干を喰らわせる。間近に迫る黒曜の瞳。怒った形に釣り上がるそれは、どこか愛しさを秘めて。
僕を通して"彼女"を探してる、だとか。"彼女"の代わりに彼女を求める、だとか。
 もう、何も考えなくていい。溺れる事を既に許されている。

 ゆっくりと身体を起こし、彼女の足元に跪く。綺麗に並ぶ小さな爪に口付けを。親指から順番に、最後に小指を口に含んだ。
唇で逃げる指を柔らかく捕まえ、舌で丁寧になぞり舐める。微かに走る緊張に、僕は思わず顔を綻ばす。もっと、彼女を味わいたい。

 指を滑らせ足首からふくらはぎ、膝裏へ。彷徨う指に少しずつ熱が灯される。湯上りの彼女の香りが、悩ましく僕を煽った。
立ち上がる香りの名は“彼女”。彼女の汗と交じり合い、全てを狂わせる媚香。
 踝に軽く歯をたてる。罪作りな脚を思いっきり開かせ、彼女の全てを視姦する。恥らう彼女を押さえつけ、抱えた右膝裏を執拗に舐めた。

「……っ、何よ。目がやらしいっ、の、よ」
「そっちこそ誘ってるのか? 期待に応えられるかな」
「お子様にっは、荷が……っ、重いんじゃ」
「僕は“使える部下”なんだろ。キッチリ仕事はこなすさ」

 抱えた脚はそのままに、指を乳房からその頂へ少し強めに跳ね上げる。びくんと反応する身体。それを合図に僕は彼女の喉元に噛み付いた。

 跡をつけないよう気を付けながら、彼女を貪り喰らう。華奢な鎖骨を舌で辿り、手は太腿の弾力を、二の腕の皮膚の薄さを堪能した。
密着する身体から互いの鼓動が響き、その速さに思わず苦笑する。
 まだ軽く触れただけなのに。これは僕の手柄か、彼女の所為か。
 先程から身体を揺する度に、彼女のそこが湿った水音をたてている。僕の腹にもそれが滴り、その事実が一層ふたりを駆り立てた。

「ん……っ、……ねぇっ、な んで」
「……何が?」
「だか ら、何でっ……その 触らなっ」
「是非とも触れってご命令ですか。参ったなー」
「なっ……!」
「それでは、手加減はなしでひとつ」

 焦らされて悩ましく揺れる胸に、潤うそこに指を滑らせ刺激する。鷲掴むような強いそれをすぐさま力を抜き、繊細に丹念に愛撫した。
鎖骨から真っ直ぐに舌を辿らせ胸の中央へ。そして胸の外縁をなぞり脇をひと撫で。指は羽毛のような微かな感触で頂を何度も往復し、徐々に、容赦なく煽っていく。
 硬く張り詰めた乳首は、指に健気に震え。彼女の息遣いを更に荒くした。
 水音をたてるそこは触れると誘うように蠢いていた。ぬめりを指で受け襞を辿り、頂点に待つ芽に塗り付ける。
襞を優しく押し開いては下から芽を少しずつ露出させる。嬲る範囲を広げていくと、四肢に力が入り忙しなく快感の証を吐き出していった。

 もういいだろう。抑えてた欲望を手放し、硬くしこる頂を口に含んでは舐り。
手に余る乳房を思いのまま蹂躙し。主張する芽を刺激しながら潤う内へ指を突き立てる。

「っ――――――ゃぁあっ!!」
 彼女は一度激しく痙攣した後、力なく身体を横たえた。
  
 挿れたままの指は、彼女の内で咀嚼されていた。その絡みつく熱い蠕動に僕の理性がまたひとつ壊されていく。
今すぐ滾る欲望を、この内に捻じ込みたい。だが――。

「……ん、どうしたの……?」
「いや……」
「もしかして、変な遠慮してる? らしくないわよ」
「今更だけどな。でも――」
「私の口から言わせようなんて、部下失格。カスだわ」

 全く持ってその通り。だが"彼女"は僕に、触れる事を許さなかった。求めたものは、あの冷酷な笑みであしらわれ。僕はそれでも、良かった。
 なのに彼女を犯すなんて。本当にそんな大罪、赦されるのか…?

「仰る通り、だな。……なぁ、本当にいいのか?」
「何処までも仕様のないヤツね。カスでも判るよう言ってあげるから、よく聞きなさい」
 彼女は僕を胸に抱き、囁くように宣言する。

『貴方が欲しい』

 きっと、僕は壊れたのだろう。馬鹿みたいに彼女をきつく抱きしめ、気付いたら目に涙まで浮かんでいた。
仮初の触れあい。あくまでお互いが"彼女"の代替品。そんな虚ろな慰めが、ただの一言で確かなものになった。
 それこそが、優しい嘘であっても。これ以上求める事は、僕には出来ない。

 彼女は呆れた様に微笑んで、僕の瞼に口付けをする。拭われる涙に赤面すると、練れてないわね なんてからかわれた。
 誘われるまま、彼女の内に埋め込ませる。暖かく包み込んでは離さず、気を抜くと一気に搾り取るような快感で苛むそれは、まさに、彼女そのもので。
 甘えるように、責めるように、幾度も自分をぶつけていった。

 だんだんと、彼女との境界が曖昧になる。長く続いた睦み合いは、何時しか融けるようにして果てていた。




 身体には心地よい疲労と重み。傍の香りは、甘い眠りへ誘っていく。だがその前に。朝になりまた現実へ帰る前に、戯れの問いを彼女へ投げかけた。

「もし……“彼女”に逢えたら、どうする……?」
「蒼衣はどうするの?」
「僕は……謝罪の意味を込めて、熱烈なキスのひとつでも貰おうかな」
「私は、子守唄でも歌ってもらうわ」
「いいな、それ」
「それじゃ私と蒼衣は、姉さんに子守唄を歌ってもらいながら」
「お休みのキスをして3人で眠るのか」
「素敵ね」
「そうだな」

 次に"彼女"に逢う時は、敵同士だ。そこに感情など差し込む余地は全くなく。殺すか、殺されるかの二つだけ。
 だからこれは今だけの、決して有り得ないお伽噺。

「逢いたいわね……」
「逢いたいな」
「……そろそろ寝ましょうか。くどいようだけど、本当に朝早いんだってば」
「僕は何時でもスタンバイOK。というより既に落ちてる」
「根性ないわね。上司を差し置いて寝るな」
「悪い、無理」

 眠れぬ夜々の償いを。届かぬ想い、叶わぬ願いと知りながら、僕らは祈るように繰り返す。
逢えるよな。きっと、いつか。

 揺らめく面影に手を伸ばし、僕は夜を終わらせていった。

_