? 残り香――蒼衣秋良×雨宮美津子
譜面の落書き
トップへブギーポップ残り香

 いつものように結果報告に赴くと、重厚な扉の向こうで雨宮美津子は書類にサインをしていた。
大きなマホガニーの机は年季の入った艶があり、足元の絨毯は気持ちが悪い程柔らかい。いろんな意味で距離を感じる部屋だな、と思っていた。

「あら、早かったのね?」
「そうでもないだろ。最後にちょっとてこずった」
 彼女はちらりとこちらを見ると、興味なさそうに視線をまた書類に戻し万年筆を走らせた。
 その態度に構わず、僕は取りあえずの終了報告をする。声は全て壁に吸い込まれ、何だか無性に虚しくなる。報告が終わると、彼女は万年筆をかたんと置いた。

「ご苦労様」
「それとは別に、聞きたい事があるんだが」
「件の“ブギーポップ”については、まだ新しい情報はないわよ」
「それじゃない。……あんた今度の晩餐会に出席するだろう」
「それがどうかしたの?」
「何を、企んでる?」

 彼女はにっこりと魅惑的に微笑んだ。

 そう。学校で招待リストを見た時に、一瞬とはいえ激しく動揺した。そして教師の「彼女からリクエストを頂いてる」の言葉で決定的だ。
 何かない、訳がない。胡散臭すぎる。

「何をって、私はただ美味しいキンキが食べたくなっただけよ」
「本気で言ってんのか、それ」
「それに蒼衣くんの腕も、見てみたかったしね」
「いい加減にしろ。そんな冗談を聞きに来たんじゃない」

 彼女は大きく溜息をつくと、椅子から立ち上がり僕の方へと歩いてくる。そして机にもたれ書類を3葉ほど掴んだ。

「理由はこの書類に書いてあるわ」
 面倒くさそうにひらひらさせた後、足元にばら撒いた。
「知りたければ、拾いなさいな」
「……ああ」

 仕方なしに屈んで書類を拾う。1葉、2葉、そして最後へ手を伸ばした瞬間、肩に鈍い痛みが走った。
 すらりと伸びる、バックシームのストッキングに包まれた脚。華奢なヒールが遠慮なく肩に食い込んでくる。

「私って信用ないのね……残念だわ」
 見上げると、嬲るような眼差しとぶつかった。

 動けない。心の中で何かが激しく警鐘を鳴らす。彼女は机にもたれたまま脚を滑らせ、ゆっくりと顎を蹴り上げた。

「怯えなくても大丈夫よ。……でもその顔、そそるわね」
 パンプスは顎から胸へ、そしてTシャツを引っ掛け軽く捲くる。

「それにしても暑いわぁ。ちょっと服を脱ぎたくなったでしょう?」
「………………」
 がっ、と腹に思いっきり蹴りが入った。

「暑い、わよね。ん?」
 優しく囁かれる言葉。腹を抉る脚。先程から感じる背中への圧力は、発動された"エアー・バッグ"のせいか。
 怖い。生殺与奪の権を握られる、恐怖。

「……暑いので、脱がせて下さい」
「そうね。仕方ないから脱いでもいいわよ」
 脚はそのままで、溜息を吐きつつ嘯く彼女。

「……脚を、退けてもらえませんか」
「ん? ああ、気にしなくていいわ。どうぞ続けて?」
 身体の震えを感じたのか、彼女は更に綻ぶように笑う。逃げ場のない僕は、Tシャツに手をかけた。
纏わりつくTシャツを引き抜くと、あらわになる上半身。腹には変わらず、彼女の脚が刺さったままだ。

「案外、いい身体してるのね」
 彼女が指をつい、と振ると、脱ぎ捨てた服が後方のソファへ飛んでいった。そして、脚がまた顎を蹴り上げる。

「それだけじゃ、まだ暑いでしょう。構わないから下も全部どうぞ?」
 いや、大いに僕が構う。それでもさっさと立てと言わんばかりの、顎へ食い込むパンプスに逆らうことは出来ない。
 背中の圧力が、それを許してはくれない。
のろのろと立ち上がり、デニムの金具に触れる。そこでようやく彼女の脚から開放された。
 しかし、逃げられない事に変わりがない。むしろ更に追い詰められた。

   ファスナーを降ろす。デニムを腰までずらし、しばし躊躇する。
本当に脱がなければいけないんだろうか。そもそも何故、こんな目に遭わなくちゃならないんだ? ぶつかり合う、互いの視線。

「……苛々するわね。脱げないなら手伝うわよ」
 彼女はそう宣告すると、ヒールをトランクスに引っ掛け、そのままデニムと一緒に踏み落とした。

「ぅあああっ!!」
 ヒールが思いっきり僕のものに当たり、あまりの痛さに悶絶する。しゃがみ込んだまま動けずにいると、彼女の脚が引き抜かれた。
 そして聞こえる、衣擦れの音。

「蒼衣くんだけ脱がせるのも、可哀想だし?」
 ゆっくりと仕立てのいいジャケットを肩から落とす。そしてスカートも脱ぐと、椅子へと投げかけた。
 現れたのは、楓の刺繍が鮮やかなビスチェ。揃いのショーツにガーターベルト。ガーターは凶悪な美脚を包むバックシームストッキングを吊っている。
 何処にも隙のない、完成された美しさ。うなじをかきあげると、髪からこぼれる彼女の香り。高雅、そして投げやりな程、華やか。
 彼女の脚が伸びてくる。跪く僕の肩にのせ、ヒールの刻印をひとつ。甘やかな痛みが思考を全て奪っていく。

   無条件降伏――そんな言葉がぼんやりと頭に浮かんだ。


 見えざる“空気の手”によって責め立てられる。背中を覆っていたそれは、小さく軽くなって肌を辿っていく。首筋から胸へ、腹から反応してる僕のものへ。

「さっきは痛い思いをさせたから、ほんのお詫びね」
 肩に置く脚はそのままで、彼女は悪戯っぽく微笑む。
リングのようになって根元へ滑らせたり。握り込むように圧を変えて包み込んだり。多彩な刺激を生む、彼女の本当の腕はただ長い髪を梳かすだけ。
 あまりの気持ち良さに、変な汗が背中を伝う。その様子を敏感に感じ取り、彼女はパンプスを僕のものへと滑らせた。
 爪先でやわやわと、嬲るように袋に触れる。“エアー・バッグ”は更に速度を増し、きつく上下にしごいていく。

「――――ぁああっ!」
 彼女の脚が僕のを抉った瞬間、押し寄せる激痛と快感に耐え切れなくなって全てをぶちまける。
その降伏の証は丸く固まって中空を漂い、掬いきれなかったものだけが彼女の足首を汚していた。


 何も、考えることが出来ない。体中に染み入る疲労感で、今にも崩れ落ちてしまいそうだ。

「少し汚れたわね……綺麗にして」
 僕の目の前に、突き出される脚。その白濁した証を丁寧に丁寧に舐め取った。口に広がる青臭い苦み。そして、一層濃厚になる彼女の香り

「……何の香水を使ってるんだ?」
「あら。淑女の舞台裏を暴くような事、聞いちゃ駄目よ」
「……それ位は、教えてくれてもいいだろう」
 綺麗になった脚を力なく開放すると、彼女の腕がふわりと首にまわされた。そして、頬に口付けをひとつ。

「……“JOY”よ」
 耳元をくすぐる秘密の言葉。そしてソファから僕の服を取ると、どさっと膝に積み上げた。僕はそれらに、気だるく手を伸ばす。
 彼女はジャケットだけ肩に羽織り、椅子に深く腰掛けた。

「いい事なんて何もない世界だもの。せめて香りくらい、"歓喜"に包まれていたいじゃない……?」
 ゆっくりと脚を組み替え、嫣然と微笑む。それが、彼女を見た最後だった。




 雨宮美津子が、消えた。
彼女の妹からそう冷たく告げられて、僕は気持ちを整理出来ないでいた。
あのとき力ずくで黙らされた問いが、再び頭をよぎる。彼女はきっと、何か企てていた。その結果がこれだろうか。

 隣には雨宮世津子が無言で車を走らせている。負傷した織機たちを送った後で、車中には2人と重みのある沈黙。
彼女がシフトチェンジする際に、ふと漂う香りに気づいた。

 消えた彼女のものと同様に、高雅な。だがしめやかで、どこか悼むような感傷を秘めた香り。

「あんた、何か香水つけてるか?」
「ええ、少し。きついかしら」
「いや、ただ気になっただけだ。……何て銘柄だ?」
 信号が赤に変わる。車中にウインカーの音が響いた。

「……“Mitsouko”……」
「……そうか」
「あのひとは、どこで迷子になっているのかしらね……」

 香りは、人の記憶と想いを縛る。囚われたのは、僕か、彼女か。
信号が青に変わり、彼女は溜息を吐きながらハンドルを切った。

_