譜面の落書き
トップへブギーポップ正義の味方

 どうしてこんな事をしているのか、俺は未だに判らない。
ただ少女に出会っただけ――彼女のまっすぐな眼差しに、あてられてしまったのだろうか?
 判るのは、俺のしようとしている事がとんでもなく馬鹿だ、ということ。

 でも、不思議と悪くない気分だった。


 黒田慎平がそのホテルに着いたのは、まだ陽も高いのどかな午後だった。都内に幾つも存在する、いわゆる「一流」と呼ばれる類のホテルだった。
 エントランスに入って軽く周囲を見渡すと、高い天井に計算されたソファのレイアウト。そこから望む外の景色は、まるで完成された1枚の絵画のよう。

「まぁ、何と言うか……はまり過ぎだよな」

 すっきりとした、それでいて高い美意識に基づかれたこのホテルは、確かに彼女によく似合っていた。
 もちろん俺だってそれをいいとは思う。だが残念なことに、思う事と相応しいかは、また別の話。普段なら埋没してしまうダークグレーのコートも、ここでは少々悪目立ちしてしまっていた。

 足早にエレベーターに向かい、躊躇わずにボタンを操作する。
指示階に着いたことを知らせるベルが、妙にクラシカルな響きで思わず苦笑がこぼれた。
そして目的の部屋へノックをする。果たして彼女は居てくれるだろうか?

「本当に来るとは思わなかったわ。……とりあえず、どうぞ?」
 呆れた様な笑みを浮かべ、瀬川風見は部屋に招き入れてくれた。

 その部屋は普段、彼女が家代わりに使っている物の一つだった。
充分な広さを誇るそれだが、非常識な程ではない。
「女優がスイートを使うなんて、ありがち過ぎて下品極まりないでしょ」とは彼女の弁だが、そんな所も好ましいと思った。
 その彼女が俺にコーヒーを勧めつつ、溜息をつく。

「連絡もらった時も念を押したけど……どうなっても知らないわよ」
「判ってる」
「それで私にまで累を及ぼす事になっても?」
「君にはすまないと思ってる」
「そこまでする、何か意義みたいなものがあるのかしら」
「いや……ただの感傷かもな」
「馬鹿ね」
「馬鹿だな」
 
 香り高い湯気の向こうで、揺れる眼差し。
それが何なのか、敢えて問いたいとも思わない。彼女も、言わない。

「俺も調べた。でもブラックボックスが多すぎるんだ、あの施設は。ゲートが5重、そして番人のチェックまでは判る。その先、“薬品室”まではどうすりゃ辿り着けるんだ?」
 彼女は、何も言わない。

「だから……教えて欲しいんだ。“瀬川のお嬢さん”……?」
 かちり、とカップを置く音だけが響いた。


 瀬川風見が身に着けているのは、ベルベットのタイトなスーツ。
その濃紺のしっとりとした艶と、滑らかな白い肌の対比が、目に痛いほど鮮やかだった。
 彼女がほっそりとした指を耳に滑らせ、サファイアのピアスに触れる。

「ここで……例え私が教えなくても、止めないのよね」
「そうだな」
「中枢に報告するかもしれないのに?」
「それで君の安全が守られるなら、そうしてもらって構わない」
 伏目がちに、ピアスを外す。

「そんな事しても意味がないって判ってるくせに……思わせぶりなこと言って」
「本当さ。こんなつまらない事で、いい女を失うのは惜しい」
「それも探偵としての矜持?」
「いや、正義の味方として、さ」
 ふわりと彼女の腕が首にまわされる。艶やかな唇に目を奪われた。

「……小鳩ちゃんが悲しむわね……」
「その時は君が、慰めてやってくれ」
吸い寄せられるように、その唇にキスをひとつ
「本当に仕様がない男……」
 噛み付くような深いキスとともに、彼女は俺のネクタイを一気に引き抜いた。

 強引に割り込んでくると思えば、やんわりと逃げる舌。戯れるようにお互いの中を行き来する。
そのゆっくりと味わうものと対照的に、指は性急にボタンを外していく。
長い長い口付けの後、二人を繋ぐ銀色の糸が俺のはだけた胸に落ちた。
 糸の跡を慈しむ様に、彼女は唇を滑らせる。胸、首筋。そして思いついたように甘噛みをする。

「本当に……このまま私が殺してあげようかしら」
「それも悪くないな」
 彼女の薄い耳たぶをぺろんと舐めると、らしくなく彼女は赤面した。
ああ、それは反則だろう。そんな顔されると後戻り出来なくなる。
 
 髪に指を絡め、もう一度口付けを。
折れそうな首筋を辿り、鎖骨とベルベットの感触を堪能する。
ジャケットの下は光沢のあるシルクのブラで、その刺繍など余計な物がない、シンプルな色気に彼女を感じた。
 肩を滑るジャケット。微かに震えたのは気のせいか。
ゆっくりと彼女がベッドへと促す。その背中に腕をまわし、俺達はそのまま縺れるように倒れこんだ。

 何も言えない。何も、言わない。急かされる様にお互いの衣服を剥ぎ取ってゆく。あらわになった胸に指を這わせると、彼女は小さく喘いだ。
悩ましく揺れる眼差しに誘われる。淡く色づく頂を口に含むと、微かに漂う女のにおい。
  悲しさが流れてくる。その傷を癒すように丁寧に丁寧に舐めた。
首筋に、肩に、手首に、指に。胸に、脇腹に、そしてまぶたに。包み込むように手を滑らせながら、舐めていく。
彼女の手が背中に触れる。伏せられたまつげが震え、白かった肌が徐々に色づいてゆく。

 綺麗だな、と思った。例え作られた贋物だとしても。
この行為に全く意味がないのだとしても。
 それでも荒くなっていく呼吸や、潤むまなじり、汗ばむ肌を唯一のものだと思えた。
俺も、彼女も、まがい物だ。だから、何だ?
 彼女の指が背中を滑り、尻から俺のものに触れる。

「……私にも、触らせて……?」
 甘い囁きが、耳元をくすぐった。

 俺の腹にまたがり、髪を振り乱しながら頬張る彼女。この上なく官能的な眺めだった。
丹念に舐め上げられたその周辺は唾液が光り、一層感覚を鋭くする。
太腿を這い、袋のほうへ伸びる指。柔らかく触れるそれとは対照的に、時々きつく吸い上げられる口。根元から先の方へ、そして入り口を舌でつついて戯れた後、またその暖かい中へと吸い込まれる。
 そして悪戯を思いついたように、指は袋から更に後ろの方へ滑り、別の入り口をノックする。
「あっ……それはっ」
「可愛いーい声出しちゃって……んんっ!」
 悪戯を止めない彼女の太腿を抱え、その根元にキスをする。そこは既に充血していて、誘うようにてらてらと潤んでいた。
 掬うように舐めてはつんと尖ったものに擦り付ける。更に手で広げて、悪戯された所から順番に、舌で抉るように辿っていく。
後ろも、周りを覆うものも、潤みを増すそれも、ひくつく突起も。
 夢中になって舐るうちに、彼女は喘ぎ声をひとつあげ、力尽きた。


「それは反則よ……もう……」
 大きく胸を上下しながら、息も絶え絶えに彼女が呟く。
「それはそっちだろう。そこまで触らなくていいのに」
「でも気持ちいいでしょう?」
「……困ったことに、とっても、その……良かった」
 脱力しきった彼女の体を持ち上げ、腹の上に座らせる。

「今更だけど……ちょっと照れ臭いわね」
 彼女はゆっくりと腰を浮かせ、俺のものをあてがう。
「……だな。確かに」
 ははは、と軽く笑って見つめあう。照れ笑いが本当に可愛い。
俺は腰に添えた手に力を入れて、彼女を思いっきり引き寄せた。

 背中を駆け巡る感覚に、一瞬身動きが出来なくなる。彼女も胸に置いた手を握り締め、何とか倒れないように堪えていた。
 はぁっ、と大きく漏れる喘ぎ声。俺はその声ひとつにぞくぞくして、変な汗が吹き出てくる。

 少し波が収まるのを待って、彼女が腰を動かし始めた。
浮かせては深く沈め、擦り付ける様に前後させる。彼女が倒れないように左手は腰に、右手は揺れる胸の感触を味わう。
 リズミカルにあがる水音。締め付けられるような呼吸。
我慢が出来なくなって、俺は起き上がり彼女の喉元に噛み付いた。
一層密着する身体。彼女も俺の首筋にしがみ付き、貪る様に跳ねる。

 聞こえる鼓動は俺のか、彼女のか。
求めた舌は濃密に絡まりあい、何度目か忘れた込み上げる快感に俺は全てをぶちまけて、彼女とともに果てた。



 着替えをしようとYシャツを羽織ると、彼女が背中から抱き付いてきた。
「コードは―――。その後3つ目のゲートを左に潜って―――――……」
 囁かれる裏切りの情報。そして絡め取られる右手。彼女は俺の手首に、キスをひとつ落とす。

「首筋に付けるのが王道なんでしょうけど、自分じゃ見えないものね。精々いざという時に、気を取られてしくじればいいわ」

 くっきりと刻印された手首のキスマークに、思わず苦笑いする。
「それもまた、色男っぽくていいかもな」
 服を全て身に付けた後、彼女を見つめながらその刻印にキスをした。

「ほら、色男のカフリンクスだ」
「馬鹿ね」
「馬鹿だろ」
 ガウン姿の彼女を柔らかく抱きとめる。

「それじゃ……元気で」
「あなたのこと……割と好きだったわ」
「俺はとっても、君が好きだった」
「嘘でしょ」
「どうだろな」

 ひとしきり笑い合いキスをした後、俺は振り返らずに部屋を去った。

_