譜面の落書き
トップへブギーポップThe Hanged Woman

注意 注意 注意
下記のSSには暴力、並びに陵辱シーンがあります。苦手な方は今すぐブラウザバックをお願い致します。多分耐えられる、という方は下へどうぞ。























ライン


 巡る因果に、反吐が出る。男を見る目がないんじゃなくて、運命に呪われてるとしか思えなかった。



 狭い1Kアパートの中で、濱田聖子は膝を抱えてうずくまっていた。
周りは地震の後のような惨状だが、そんな事は一切気にならない。 綺麗に片付けても、どうせ滅茶苦茶になるのだから――。
辛うじてテーブルは片されており、上に店屋物の親子丼が2つ。夕飯のつもりで買ったそれも既に23時をまわった今、蝋のように冷え切っていた。

 あたし、何やってるんだろうな……とぼんやり思う。
好きになって、彼氏になって、傍にいたくて一緒に住む。そこまではいつもご機嫌絶頂!なのに、気づくと何かが壊れていく。
大切なものがどうでもよくなる毎に、自分もくだらないものに成り下がる気がして辛かった。
 特に、今は。心だけじゃなく、身体も限界だった。

 ふいに、玄関の鍵がまわる。
「ったくまだ帰ってきてねーのかよ……っていんじゃねーか。何電気つけないでボーっとしてんだよ」
 騒がしい物音と共に、アパートの家主が帰宅した。

 急に明るくなる室内。白々と照らし出され、慌てて立ち上がった。

「あ、お帰りなさい……。ご飯は?」
「んあ? まだに決まってんだろ。――もしかしてメシ、これか」
「うん、そう。今温めるね」
「もっとまともなモン用意しろよなぁ」

 テーブルに八つ当たりの蹴りを1発入れて、どかっと座り込む。その所作ひとつひとつに、心が冷えていく。
とにかく機嫌を損ねないように、と急いで親子丼を電子レンジに放り込み、あいつのための酒とお味噌汁を用意した。
 ぶいーんと響く電子レンジの音。あいつはこちらに目もくれず、TVをつけて買ってきた漫画雑誌を読んでいる。
そんな中、怯えたように給仕するあたし。 絶対、違う。こんなの恋人同士の夜じゃない。
 親子丼が暖め終わり、いただきます、と箸をつける。ちょっと味が濃くて、確かにあんまり美味しくはない。でもご飯を食べるときぐらい、ちゃんと前を向けばいいのに。
 相変わらず漫画片手に食べるあいつが、妙に腹立たしくなった。

 あいつがお味噌汁をがしゃ、と引っ掛ける。小さなテーブルにみるみる広がるそれに、ああまたやった、と心の中で溜息をついた。

「あっちぃなぁ! ――んだよ、その目はよっ!」
 物言わぬあたしにイラだったのか、テーブルを蹴飛ばしその勢いのまま、顔を殴りつけた。

 簡単に吹っ飛ばされて、背中を強く打った。痛みで視界がちかちかする。そこにとどめの蹴りがお腹に入った。

「ムカつくんだよその顔。……わかんねーヤツには、お仕置きが必要だよな?」
 息が出来ずにうずくまっている所を、無理やりベッドに引きずられる。またやられる、嫌だ!と必死の抵抗も、3発の拳で封じられた。
がしゃん、と冷たい金属音が響く。両手は、ベッドの両端にある手錠に、固定されてしまった。お腹に圧し掛かられて、とにかく苦しい。

「さぁて、どうしてやろうか。どうして欲しい?」
 何が可笑しいのか、嫌な笑みを浮かべる男。じゃらじゃら腰に吊ったチェーンから十徳アーミーナイフを取り出す。
ナイフと鋏を出しては、勝手に吟味をしていた。

「ナイフはザックリいって気持ちいーんだけど、調整は鋏の方がしやすいしなー、と」
 あたしのカットソーを引っ張り、胸の辺りをナイフが一閃する。服は横に大きく切り裂かれ、控えめな胸が露出された。

「ここは、両方いっとくか。なぁ?」
 ナイフをきらめかせながら、あいつはそう宣告をした。

 外は春も半ばで、暑いくらいなのに。さっきから冷や汗が流れて、鳥肌と震えが治まらない。
 あいつはナイフをあたしの頬から首筋へ、舐めるようにじっくりと辿らせる。冷質な愛撫に身体が勝手に反応した。ナイフは更に胸の方へと侵食し、峰で何度も往復する。
ブラの上からでもわかるようになった感触に、あいつは鼻で笑った。

「おいおい、もう感じてんのかよ。節操ねぇなおまえは。まぁ、それじゃ確認させてもらうかな、と」

 峰で攻めるのを止めて鋏に持ち替えると、軽くブラをつまみ上げた。左胸のカップに、鋏が入る。ワイヤーを乱雑になぞるように切り取られ、ブラは持ち上げ機能をそのままに、左の乳首と胸を開放させた。
 震えながらも硬く主張するそれを、あいつは指で弾く。 思わず仰け反る背中。そこを嬲るように耳を噛まれた。

「感じちゃって気持ちいいのーって、それじゃあお仕置きになんねぇよな?」
 あいつは身体を起こし、ばさりと服を脱ぎ捨てていく。上着も、Tシャツも、デニムも、パンツも。全て脱ぎぎった後そそり立つ、もう一つの拷問道具。
 あたしの目に恐怖が映るのを確認して、あいつは右胸のカップも同様に切り刻んだ。

 着衣したまま、晒される胸。震えているのは恐怖と快感、おそらく両方のせい。あいつは舌で優しく胸を舐め、周りを濡らしていく。
乳首を見えるように舐めては、柔らかく吸い付いて噛み指で掬い上げる。こらえても漏れ出る喘ぎ。胸の刺激は身体中を駆け巡り、あそこが脈打つのを感じるくらい熱くなった。
 執拗に繰り返される攻めに軽く達すると、あいつは身体をずらしあたしのデニムに手をかける。反対の手に、きらめくナイフ。左のベルトの位置から、鈍い音をたてて切り裂かれていった。

「おっと動くなよ。それにしてもジーンズはかってぇなぁ。ナイフの方が折れそうだなこりゃ」

 あいつはぼやきながら太腿の辺りまで切り下ろすと、右のベルトからも同じようにナイフを入れた。
刻まれたデニムをぺろんとひっくり返すと、露わになるショーツ。それが濡れてるのを見て、また持ち替えられる鋏。
上の方から、外縁を切らないようにと慎重に入る鋏が、恐怖を煽る。クロッチ部分をすっかり切り取ってしまうと、赤く充血するそこがさらけ出された。

「こんなに濡らしやがって、あ〜あ、鋏が汚れたじゃねぇか。綺麗にしろよな、ほら」
 あいつは鋏を、あたしの口の前に突き出した。突き出された鋭利なそれに逡巡すると、有無を言わさず殴られた。
 口の中が切れて、鉄の味が充満する。無理やり口をこじ開けられ、逃げ場がなくて仕方なく鋏を舐めた。
 いつその刃が閉じて舌を切断するか、と怖くて震えが止まらない。それでも何とか綺麗に舐め取ると、満足したようにあいつは鋏を抜き取った。

「んじゃー、こっちもしてもらおうかな」
 膝立ちの状態からどさ、と首にまたがるように圧し掛かり、硬く張り詰めたそれを口の中に突っ込む。首への圧力と喉を突くそれに、息が出来ず吐き気が込み上げた。
涙は飛び散り、むせて咳き込むと、また頬を打つ手のひら。

「いってぇな。歯ぁ立てんじゃねーよ!」
 座ったままだと満足出来ないと悟ったのか、少し腰を浮かせ叩きつけるように抽迭を繰り返す。首への重みがなくなった分、辛うじて息を吸えるようになったが苦しさは変わらず、あたしは壊れたように体液を垂れ流した。

 涙と、鼻水と、涎にまみれる酷い顔。
それでも良心が痛まない、いや、更に興奮するあいつは狂ったように跳ねてそれを大きく、硬くしていく。限界が来たのか一旦動きを止めると、いきなり引き抜かれあたしの中心を串刺しした。

 無理に押し入られる感覚に、痛みが走る。思わず悲鳴をあげると、容赦なく口を押さえられた。

「うっ、キツイな……まぁ、頑張ったからごほーびに気持ちよくしてやんよ」
 そうあいつはうそぶくと、先端まで引き抜いてから思いっきり奥まで貫いた。ゆっくりと、強引なそれにじわじわと快感が戻ってくる。
一度乾いたそこもだんだんと潤いを帯びて、攻める侵略者に絡みついた。

 卑猥にあがる水音。
滑らかになってくる感触に、あいつは見下したような笑みを浮かべる。そして手を伸ばし、露出した乳首を摘み上げた。
びくん、と身体が反応する。それを合図に、ゆっくりだった攻めを激しいものへと変化させた。

 打ち付ける振動はベッドを揺らし、がちゃんと手錠を鳴らす。手は胸を握って、指の間に乳首を挟み揉みしだいた。全身を貫く刺激に、呼吸と鼓動が速くなる。
 もう、何が、どうなっているのか判らない。機械のように穿つあいつに、ただがくがくとあたしは揺れていた。

 急に強く胸を掴まれる。激痛に目を見開くと、そこには恍惚の表情で欲望を吐き出すあいつがいた。




 身体中がべたべたして気持ち悪い。そして何より、痛みと疲労で今にも落ちてしまいそうだった。
 あいつは自分だけティッシュで始末をつけると、そのまま横になり人の顔を撫でまわした。

「あぁすっげー気持ちよかったなぁ……おまえも感じてたしな」
 両手の拘束はそのままに、あいつはうっとりと手を滑らせ切り刻んだブラのラインをなぞる。自分の作品がえらく気に入ったのか、満足げに何度も頷いた。

「このカッコもエロいしいいな。おまえいつもこーゆーカッコしてろよ。前のとかもあんだろ?」
 戯言をほざきながらしきりに乳首をいじるあいつ。その指もだんだんと鈍くなり、やがて呑気ないびきが聞こえてきた。
 本格的に寝入ったのを確認すると、やっと安心して脱力する。ふと手首を見上げると、手錠が擦れた所から血が出ていた。

 こんなことを、何時まで繰り返せばいいのか。気に入らないと殴り、拘束して陵辱するあいつ。
ほとんどの服は切り刻まれ、クローゼットの中は空に近い。
このままでは全ての服を刻まれて逃げ場を失い、きっとあいつに殺される。
 
 とにかく逃げなきゃ。でも、どこに――。
溢れた涙は目の横を流れ、静かに髪へ染み込んでいった。

_