譜面の落書き
トップへブギーポップ優しい夜

 予感めいたものが確かにあった。だから灯りのないリビングに小さな来訪者が現れても、別段驚きはなかった。
 
「まだ眠れないのかい?」
「……ええ。あなたもみたいね」
「明日は早いのだから戻った方がいい」
「戻ってもどうせ眠れないわ。少し付き合ってよ」

 ミンサーは足元の間接照明をひとつ付け、おもむろにキッチンへと向かった。カップを2つ。湯を沸かす音が静かな夜に流れていく。
こんな夜は今までも何度かあった。だが、それも今夜が最後だ。
 彼女がトレイにのせて、甘い香りを運んでくる。砂糖のほとんど入ってないホットココアをことんと置くと、自分用のミルクたっぷりのそれを持って隣に腰掛けた。

 カップを両手で持って、その温もりを確かめる。何を話すわけでもない。ただゆっくりと、ココアが冷め切るまで夜を共有する。
 ささやかな、2人だけの秘密。

「……ひとつ我侭言ってもいいかしら?」
 彼女がカップを見つめたまま呟く。

「最後に……甘えさせて欲しいの」
 消え入りそうな、震える声が耳に届いた。

 滑らかな金糸が、か細い肩で揺れている。張り詰められたその美しさに、急に胸が苦しくなった。
彼女が手を伸ばし、たどたどしく眼鏡に触れる。

「これから彼を守っていく事に不安などないわ。でも……今だけ。今だけは何も考えたくない」
「残念だが、私は何もしてやれないよ」
 眼鏡を外されて軽く頭を振るうと、目の前に泣き笑いの蒼い瞳。

「判ってる。でも私の弱音くらい、あなたには負担にならないでしょう?」
 小さな腕は首にまわされ、頬に暖かな感触がひとつ。
いつも気丈に前を見つめていた彼女。初めて見せたその涙を、突き放すことは出来なかった。

「慰めにもならないと思うが……それでも構わなければ、好きにしていい」
 彼女の背中をぽんぽん、と撫でるとまわされた腕に力が入った。

「ありがとう……」
「お礼なんか言わなくていい。私にそんな価値はないから」
 溢れる涙をひとつふたつ唇に受けて、目を閉じた。

 遠慮がちに前髪を掻きあげる指。額に触れる柔らかな唇。
「眼鏡を取ると、とってもセクシーよ。叔父さま」
 からかう様に囁く彼女。

「“叔父さま”は止めてくれ。頼むから」
「それじゃ、“小父さま”?」
「……それだと更に変態親父みたいだな」
「実際誰かに見られたら、そう映っても文句は言えないわね」
「確かに。ビートに見つかったら殺されそうだ」
 お互いの額をつけて、見つめあう。くすぐったさに苦笑がこぼれた。

 ゆっくりとボタンが外されていく。冷えた空気と暖かい手が首筋から胸へと忍び寄る。はだけたシャツは肩に辛うじて引っかかり、辿る指はズボンと一緒に下着まで引き下ろそうとした。

「ちょっと待った」
彼女の指を押さえながら問う。
「本当に、そこまでするのか?」
「……やっぱりそこまでは、駄目かしら」
「…………」
「でも、私は、したいの」

 彼女は押さえた手にキスをして、涙の残る瞳で微笑んだ。
仕方ない、彼女にはかなわないのだ。大きく溜息をひとつ。力を抜くと押さえていたそれらが滑り落ち、全てが彼女の前に晒された。

 膝の上に横座りし、背中に手をまわす彼女。面白い程赤面して微動だにしない様子に、思わず顔が綻んだ。
 流れる髪を丁寧に梳きながら、ネグリジェを肩へ落としていく。あらわになる磁器のような肌。悩ましい衣擦れの音。
 どうにかなってしまいそうだ。

 しがみ付く彼女を少しはがして、柔らかく口付けを落とす。額からまぶたに。頬から耳に、首筋に。そして最後は髪へ。

「えっと……、その」
「……何だ?」
「その……つまらない身体でごめんなさい」
俯きながら、囁く声。彼女は本当に、解って言ってるのか?

 駆り立てられるように胸を攻める。薄い胸は簡単に形を変え、色づく頂は唾液が光り震えていた。
執拗に舐められる刺激に耐えられず、彼女は髪を掴み、肩に爪を立てる。その痛みすら、倒錯的で煽られた。
 そのまま彼女をソファに横たえて、指を背中から脇腹、そして太腿へ滑らせる。一層食い込む爪に、高い喘ぎ声。

「んっ……ぁあっ――やああぁっ!」
 頂を強く吸い上げ、幼い突起に指が触れた途端、彼女は激しく痙攣し糸が切れたように脱力した。

 苦しげな呼吸に硬く閉じられたまぶた。乱れた髪が艶かしく散っていた。
「すまない……大丈夫か?」
 荒い息はそのままに、彼女は微かに頷いた。がっついた自分の行動に内心舌打ちしつつ、優しく髪を撫でて彼女の回復を待つ。

「もう、これ位で止めとこうか」
「……どうして?」
「自分の理性に自信がなくなってきた。壊してしまいそうで、怖い」
 彼女は髪を撫でる手を絡め取り、胸へと導いた。

「ほら、大丈夫。かなり速いけどちゃんと動いてるわ。理性なんて要らないから……ね」
 ゆっくりと細い腕に引き寄せられて、密着する身体。
「最後まで……お願い」

 左肩に引っかかってたシャツを抜き取って、彼女の腰の下へ敷く。
「……判った」
 承諾の返事を彼女の耳にねじ込み、折れそうな両足を掴んで広げる。小さなへそから突起へと唇を辿ると、幼い身体は逃げるように震えた。

 ぴったりと閉じられたそこをほぐす様に舐める。すくい上げては突いて、更に手で広げる。だんだんと柔らかくなり潤いを増すそれに指を入れては、唇で突起をついばんだ。
 太腿に、シャツに、伝い落ちるものは唾液だけじゃない。
入る指が3本になった所で引抜き、代わりに自分のものを突き立てた。

「―――――――っ!!」

 声もなく、かはっと大きく息が漏れた。彼女の見開いた目から涙が飛び散る。
締め付けの痛さから想像する彼女の感じている苦痛に、本当にすまない気持ちで一杯になった。
 彼女を潰さない様に抱きしめ、額に、頬にキスをする。

「……平気。そんな心配そうな顔しないで」
 赤くなった鼻をちょっとこすり、照れ笑いする彼女。そんな事を言われると、何も言えなくなってしまう。
 
そのまま、お互いの指を戯れるように絡ませ舐めた。
ちろちろと舐める小さな舌に、噛み付きたくなるのを何とか堪える。
指を滑り手首から肘へ、そして胸に唇を辿らすと彼女はあっと小さく喘いだ。

「何だか、変な感じ。……もう痛くないから、大丈夫」
 ついばむ胸をよじらせて、彼女が囁いた。
「じゃ、少し動くよ」
 きつく捕らわれてるそれを少し引いては、ゆっくりと深く挿し入れる。限界まで入れては上に振って、突起を刺激する。

 徐々に滑らかになっていくそれに、じわじわと込み上げる快感。彼女の手は宙を彷徨い、ぶつかった腕と腹に力一杯しがみ付いた。
思いっきり寄せられる眉根。悩ましくこぼれる呼吸。

 長い長い睦み合いの後、彼女の中に開放し、全てが終わった。




 力尽きてるミンサーに、なんとかネグリジェを着せる。滅茶苦茶になってしまったこのシャツは、どうやって始末すればいいだろうか?
 とりあえずソファに汚れがないのを確認して苦笑いする。
 
「そのシャツ……ビートに見つかったら大変ね」
「殺されるだけじゃ済まないな」
「洗っておくわ。貸して?」
「いや、明日から君はビートと一緒だろう。私がやっておくよ」
 小脇に抱えてバスルームへ向かおうとすると、彼女は眼鏡を持って進路を通せんぼする。

「眼鏡ない方が素敵なのに……どうしてかけてるの、叔父さま?」
「暗殺者が目立っちゃ駄目だろう」
「まぁ、外した姿を知るのが私だけっていうのも、悪くないわ」
「悪くないか」
「ええ。とっても」
 少し屈むと、眼鏡をかけてくれる。そして唇にキスしようとしてくれるのを、やんわりと止めた。

「それは、彼に取っておいた方がいい」
「……そうね」
「もう、眠れるかい?」
「きっと大丈夫。あなたは?」
「いい夢が見れそうだ」

 額と額をこつんとあわせた後、彼女はまっすぐに部屋へと戻った。

_